東北を行け
ふじや食堂(藤家食堂)、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

ふじや食堂

(鳴子温泉)
〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元110-2 TEL.0229-83-2232
冷し山菜おろしそば 990円、脇の駐車場+駅前無料駐車券
ふじや食堂 - 通りふじや食堂 - お店の外観
ふじや食堂 - 店内ふじや食堂 - 冷し山菜おろしそば
ふじや食堂 - メニュー
 鳴子温泉駅前の交差点からすぐの所にある「ふじや食堂」にやって来ました。‥ありゃ、前に来た時の雑然とした雰囲気が消え、店内は幾分整然としておりまするね~。

 で、入ると最初にテーブル席があり、キョロキョロしていたら「こちらも、どうぞ」みたいに案内され、奥から隣のフロアの座敷席へ。なんだ、広くなったのですね~。

 して、まあ今の季節(晩秋)はキノコだろうと、旬を食べるべく「冷し山菜おろしそば」をば、ご注文。と、出て来た蕎麦は写真の通り、蕎麦の上に色々てんこ盛り(温泉たまご、きのこ類、大根おろし、天ぷら等)の逸品で‥。

 で、その蕎麦は機械製麺らしい整ったもので、細くて黒っぽい麺(手打ちの山形田舎そばばかり食べていたので、ちょっと新鮮)。まあ適当に混ぜて食べると、おいしくてマンザラでもありませぬ。

 スルスルッと食べて、最後に木のサジでナメコをすくって流し込むと、すぐに無くなってしまいました。気のせいか、蕎麦が他所より少ないような‥。値段の方は、少し観光地的なような‥。んー、どうもすみません。
2008.11


 久しぶりに鳴子温泉に来てみると、温泉街はいつもの鳴子と違い、観光DCの効果によりお客さんが増え、またその演出で駐車場に足湯ができていたりして、少し垢抜け、いつもの鳴子温泉のイメージとは違っておりました。

 あと、駅前交差点の角地には「ゆめぐり広場」という広場&休憩所ができており、建物の最奥部にはなんと、足湯ではなく「手湯」が設けられておりまして‥。なーるほど、そういう手があったのかぁ。

ふじや食堂 - 駐車場ふじや食堂 - ゆめぐり広場
宿泊は鳴子温泉のホテル旅館一覧
©東北を行け 2008-18rw