東北を行け
牛肉どまん中、突進レポ
Home > 山形の観光 >

牛肉どまん中

(米沢名物駅弁)
山形県米沢市東3-1-1 TEL.0238-22-1311
(有)新杵屋、駅前の駐車場は20分間無料でした。
牛肉どまん中 - 米沢駅牛肉どまん中 - 米沢駅前
牛肉どまん中 - 牛肉どまん中
 米沢駅前に来てみますと、米沢牛の看板がそこかしこにあり「食いねぇ!食いねぇ!」の大合唱が聞こえてくるかのよう。「そうだ、いいこと考えた。今日の手土産(夕食)は名物の牛肉弁当にしよう!」と、駅の中に突進してみたのです。

 ちなみに牛肉弁当といえば、老舗の「牛肉道場」が昔から有名でしたが、最近では後進の「牛肉どまん中」も人気が出てきたようなのです。というわけで、1つずつ買おうっと‥。

 で、さささっと駅の売店に向かってみれば、あの「牛肉どまん中」が弁当棚の中心に目立つように積まれてあり、反対に「牛肉道場」が一つも置かれていないのです。あれ~、無くなったのかな~と思い、駅から5分くらいのところにある「牛肉道場」を製造する松川弁当店へ。すると、誰も居なくて”ウンともスンとも”いわないのです。後で知ったのですが、松川弁当店は別の場所に引っ越していて「牛肉道場」は駅のホームでしか売っていない、ということ。ガーン。

 仕方なく駅に戻り、今度は駅前にある「牛肉どまん中」を製造する新杵屋に向かってみますと、こちらは店の奥に弁当の製造所もあり、にぎやかで、忙しそうにしております。出来上がった弁当は、すぐ目の前の米沢駅に運び込まれる段取りになっており、またこの製造所でも販売していて、ここにも買いに来るお客さんが沢山おりました。

(そんなこんなで、牛肉弁当を購入、その夜、頂くことに。)

 シャレたパッケージを開けると、牛そぼろのしょうゆの香りがかぐわしく、上半分が牛そぼろで、下半分は牛コマ煮(牛丼のようだ)みたいな感じなのです。やはり、牛そぼろの方が味が濃く、その甘じょっぱい風味が食欲をそそりますね~。わたしゃ、そぼろの方が好きだす。

 15時製造で、消費期限は21時。量もそこそこあり満足、ご飯がギュウギュウ(牛々)詰めでようございました。

メモ)
 しばらくぶりでチェックしてみたら、現在では仙台駅でも売られているようで。以下の場所でも‥。(JR)東京駅、上野駅、新宿駅、大宮駅、仙台駅、山形駅、福島駅。
 あと、姉妹品として塩・味噌・カレー味などの牛肉弁当も。また、お米は山形県産の「どまん中」を使っているそうでがす。
2016.10

宿泊は米沢のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw