東北を行け
永澤農園、突進レポ
Home > 山形の観光 >

永澤農園・さくらんぼ狩り

(村山市)
〒995-0203 村山市大槇字長峰3714 TEL.0237-56-3134
駐車場5台、簡易トイレ、入園料 1200円(1時間くらい)
その他:お土産用もぎ取りをすると、サクランボの枝が貰える。
永澤農園 - 施設の外観永澤農園 - サクランボ園通路
永澤農園 - 鈴なりサクランボ永澤農園 - 鈴なりサクランボ2
永澤農園 - 赤いサクランボ永澤農園 - 赤いサクランボ2
永澤農園 - 2つのサクランボ永澤農園 - 黒いサクランボ
 なんでも、3種類のサクランボが食べられると聞き、この永澤農園にやって来てしまいました。

 近くへ来てみると、この辺はランドマークという物が無く、カーナビを見ながらも、田んぼの中の道を右往左往‥。しばらくして、とある田んぼの中の一本道から、遠くに永澤農園の看板らしきもを見つけて、なぬ、あそこか~? と、そこにはあぜ道のような砂利道が、ほそぼそと繋がっているだけなのです。その道をボコボコと音を立てながら勇敢に突進し、やっとたどり着き、クタクタ~。

 で、入口のやや大きめの簡易ハウスへ。すると、かなり腰の低いオジサンが出て参りまして、色々と説明して下さり‥。ここにある5種類以上のサクランボの名と特徴を教えてもらったのはいいですが、ほとんど覚えられなくて‥。多くは佐藤錦の親戚で、その他にナポレオンと、真っ黒い実の富士山というのがあったように思います。あ、デッカくてきれいなのが平成錦だったかな~。

 サクランボの木を見ると、どれも鈴なりにワンサカなっていて、今が食べ頃でございますと。南側の日当たりの良いところが赤くて美味しく、また密集してなっている実よりも、単独でポツポツとなっている方が美味しいそうなのです。食べ始めると、取っては食べ取っては食べしながら(イチゴ狩りのように)まだあるのに自然に前に進んでしまうんですよね。

 ご主人の話によると「うちは地方発送が主で、観光農園の方は、常連さん用にやっているだけなんで‥」とおっしゃっておりました。はい、ここは大変良いです。穴場ですね~。

宿泊は村山市のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw