東北を行け
世嬉の一(せきのいち)、突進レポ
Home > 岩手の観光 >

蔵元レストラン・せきのいち

(一関)
〒021-0885 岩手県一関市田村町5-42 TEL.0191-21-1144
団体席、個室もあり
もち膳 1260円、はっと膳 1260円
別棟に無料試飲コーナー、酒の博物館、初恋神社等あり
蔵元レストランせきのいち - 庭の通り蔵元レストランせきのいち - 施設の外観
蔵元レストランせきのいち - もち膳蔵元レストランせきのいち - はっと膳
蔵元レストランせきのいち - 餅つき蔵元レストランせきのいち - メニュー
 雪降る12月、一関の街なかにある造り酒屋「世嬉の一」内のレストランへやって参りました。表通りから裏に回って場内に入ると、そこには重厚な酒蔵がドデーンと建ち並び、その静けさが、師走で浮足立った人々の気持ちを落ち着かせ、平静へといざなうのです。

 案内表示に従って建物群の奥へ行きますれば、広い中庭の先にお目当てのレストランがあり、建物は酒蔵を改装したらしくて天井が高く、上部には蒸気抜きと思われる小窓も見られます。室内はレトロ感あるシャレた雰囲気で、案内されたテーブルには中心部に南部鉄瓶を乗せた囲炉裏がしつらえてありました。

 メニューには「地酒、地ビール」が並び、食事は「餅、はっと、前沢牛のしゃぶしゃぶ」など。その中から、まあ定番のもち膳」を頼んでみますと、それらはバラエティーに富むタレにくるまれた、丁寧に作られた餅各種でありました。食べてみましたら、やはり、つきたての餅はおいしゅうござりまする。

 と、しばらくして店内に静かに流れていたクラシック音楽が民謡に変わり、奥からオジサンとオバサンが出て参りまして、当たり前のように餅をつき始めたのです。そしてお客さんに餅つきを勧めたりして、ワッショイワッショイと‥。

 あと、観光バスでやって来た団体さんの食事は、家宝餅(かほうもち、果報餅と書くことも)のようで、静かに盛り上がっているようでございました。

メモ)
 家宝餠(家宝団子も)は、この地域の風習で、餅の中に”萩の小枝”が入っていたら大当たりという、とてもめでたい行事なのです。子供達が当たりを出したくて餅を沢山食べ、飽きた頃にライバルのお爺ちゃんが「当ってだ~」と、隠していた小枝を差し出すのが習わし。(11月24日大師講の行事)

宿泊は一関のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw