東北を行け
支那そば家、突進レポ
Home > 仙台の観光 >

元祖・支那そば家

(仙台・国分町)
〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町2-11-11 TEL.022-265-9851
支那そば 620円、餃子 470円
--- --- ---
※2011大震災後の写真を見たらサラ地になっていたので、その後ビルを立て直したものと‥。→2017年の画像を見たら、同じ場所にそのままあり、でも店前は公共空地みたいなのができており、幾分こざっぱりしたような‥。
※当時はお昼にもやっておりましたが、今2017年は夜だけに‥。
元祖・支那そば家 - お店の外観元祖・支那そば家 - 支那そば
元祖・支那そば家 - 餃子
 仙台に転勤してくると、まず国分町に連れて行かれ、飲んで騒いだ後「腹減らないか?」と食べさせられるラーメン「支那そば家」にやって来ました。

 そこは定禅寺通りから一本南側の路地にあり、隣に”こってり”系ラーメンの「こむらさき」が派手な店構えで客を呼び寄せ、酔っていると、ついそちらに引き込まれそうになるのです。

 で、こちら「支那そば家」の店内には長いカウンター席があり、後ろに木の格子の仕切りを挟んで、テーブル席が(たぶん)4つぐらいありまして‥。メニューは「支那そば」一本で、その他には大盛りと餃子、トッピングが少しあるくらいなのです。

 注文後、運ばれて来た「支那そば」は、濃い色のスープに少し濁りがあり、表面に脂が浮いている醤油ベースの鶏+魚だしと思われるもの。あとは、適度に縮れた細麺に、周りがピンク色でナルト風なチャーシューが乗せられております。と、ラーメンには珍しく三つ葉が添えてあったりして、彩りも工夫されておりまするね~。

 このスープですと、魚だしの香りが漂いそうですが、匂い消しに三つ葉・その他を使ったのか、あまりそんな香りはしませんでした。んー、どうでしょう、酔った後ぐらいがサッパリしていて、ちょうどよいのかもって‥。

 はいはい、壁には芸能人のサイン色紙がいっぱいで‥。テレビ局やプロモーターやらがここを勧めている、ということなのでしょうかね~。

宿泊は仙台のホテル一覧
©東北を行け , 17rw