東北を行け
遠藤製パン工場&川の駅ヤナ茶屋もがみ、突進レポ
Home > 山形の観光 >

遠藤製パン工場&川の駅ヤナ茶屋もがみ

(最上町)
〒999-6211 山形県最上郡最上町大字大堀703 TEL.0233-42-2442
駐車場 玄関右側に2台ほど
あんぱん 110円、クリームぱん 110円
遠藤製パン工場 - 通り遠藤製パン工場 - お店
川の駅ヤナ茶屋もがみ川の駅ヤナ茶屋もがみ - パンの籠
川の駅ヤナ茶屋もがみ - あんパン、クリームパン川の駅ヤナ茶屋もがみ - トマトと柿
川の駅ヤナ茶屋もがみ - 吊り橋の入口川の駅ヤナ茶屋もがみ - 吊り橋
川の駅ヤナ茶屋もがみ - 電動カート
 国道47号線を東から山形へ入りその先へ。と「川の駅ヤナ茶屋もがみ」の少し先、瀬見温泉へ曲がる手前にある小さなパン屋さん「遠藤製パン工場」にやって来ました。で、ここに来た訳は、最上町のスイーツを買って帰ろうと思ったら、ここにたどり着きましての~。

 だいたいその辺だ、ということだけで来ると、小さな「遠藤製パン」の看板を横目でチラッと見ただけで通り過ぎてしまい‥。駐車場があるのかも不安だったので、ちょっと先のJR瀬見温泉駅に駐車して歩いて道を戻ることに。して、その玄関に突進してみますれば、え~! そこには手書きの(自分のとそっくりな)文字で「休みです」と~。んー、なんか~、それを書いてなくとも「休みです」の雰囲気がにじみ出ているんですけどね~。

 ガーンとショックを受けていると、ガラガラッと中からオバサンが出てまいりまして「パンなら、今朝少しばかり、やな茶屋の方に納めてあるんで~」と‥。なわけで、こんどは車で道を戻って「川の駅ヤナ茶屋もがみ」へ突進致しましたのよ。

 して、ヤナ茶屋に入ってみれば、その入口に目立つように「遠藤製パン」と書かれたカゴがあり、パンが想像したより沢山置いてありましてね~。で、あるのはクリームパンとあんパンだけですが、傍らの値段表示にはなんとべたチョコの表示まであって、うにょ~。べたチョコはもう山形では普通名詞的に使われているものなんですね~。そしてまた、こんな所でもべたチョコに出会えそうになるなんて~。

 えーと、パンは予想外に小さいサイズで、おやつ程度に食べるパンなのかな~と。え、味ですか~、普通においしい感じで、特徴的なところは(勘違いなのか)あんパン生地に塩味が付いていたような‥。また、出来たてのおかげが、シットリしたパンのようにも‥。

 あと、ついでですがヤナ茶屋の産直売り場にあったトマトが安く、また外の上流に(好きな人は好きな)吊り橋があったんでございますのよ。そしてその先には、お子ちゃま用ゴーカートも(ヤナ茶屋で受付)‥。

2017.09

p.s.
 家に帰ってヤナ茶屋の名を思い起こして、あれ~。その名はどっかにヤナが仕掛けてあるということ~? と思って航空写真を見たら、ありましたぞよ、ヤナが~。駐車場や吊り橋からも見えない下流の陰にあるみたいで、あ~、なんだか残念。「ヤナはこちら」みたいに表示があればな~。

川の駅 ヤナ茶屋 もがみ

〒999-6212 山形県最上郡最上町志茂1469-7 TEL.0233-44-2577
 瀬見温泉から鳴子方向に少し上ったところにある、お土産屋&食事処の「川の駅 ヤナ茶屋 もがみ」にお立ち寄り。ここには地場産品が売られていて、あとトイレもあるし、それがほんと助かるのです。

 せっかくなので瀬見温泉名物うぶゆ饅頭を食べてみると、それはガンズキの匂いのする黄色いまんじゅう。中には半分くらい、こしあんが入っていて、少し味噌の香りがする、結構うまい饅頭ですね。

 まあ、この店のオススメは鮎のようですけど。あと、駐車場では(飼われている)カモが遊んでおりましたよ。
2005.04

川の駅ヤナ茶屋もがみの外観川の駅ヤナ茶屋もがみ - うぶゆ饅頭
宿泊は最上町のホテル旅館一覧
©東北を行け 2017
投稿へ

遠藤製パン工場&川の駅ヤナ茶屋もがみ(最上町)


コメント

今朝、テレビに流れたニュース映像を見て、うぉ~、やっべぇ~、と‥。

そこには、あの吊り橋が無残にも破壊されて、部品がブランブランとしている姿が‥。

んーと、「川の駅」の方はどうなっているのやら。あのパン屋さんとか、川沿いの低い位置にあるし、大丈夫ですかね~。

(投稿者 ぞう さん / 2018年09月01日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。