東北を行け
手打ちそば さぶん、突進レポ
Home > 山形の観光 >

手打ちそば さぶん

(新庄市)
〒996-0074 山形県新庄市小田島町7-48 TEL.0233-23-7733
もりそば 720円
手打ちそば さぶん - 通り手打ちそば さぶん - お店の外観
手打ちそば さぶん - 庭手打ちそば さぶん - 店内
手打ちそば さぶん - もりそば手打ちそば さぶん - 白い蕎麦
手打ちそば さぶん - メニュー
 新庄市の北西部、新庄城址(最上公園)の近くにある人気のそば屋さん「さぶん」にやって参りました。

 店の裏側には日本庭園があり、その中を通る細道の奥が駐車場。そしてまた、その細道がゴツゴツ岩で囲まれた難儀な通りなんでございますのよ~。

 はい、その植木やらがいっぱいの庭に面したところが本玄関。そこからお店に入り、座敷に上がります。そこはまあ、ちょっと民芸調の造りの広間になっており、奥側にもう一つの座敷空間がある構造です。

 種々のそば料理が並ぶメニューの中から(今日は旅館で朝食をたらふく食べてしまったもので)軽いところで普通の「もりそば」を。‥あれ、山形にしては少々値が張る気が~。

 出てきた蕎麦は(山形田舎そばとは一線を画した)細くて透き通るような生地に、少し色が付き、ほんのり茶色の点々がある蕎麦なのです。食べてみれば、なんだか堅い。一瞬、九州ラーメンのバリカタを連想してしまうような、そんな蕎麦に思えたのですが、後でMG氏に聞くと「硬さは普通だった」と‥、なして?

 最初はピュアに、添付のそばつゆそのままに蕎麦を付けていただくと、カツオダシの風味がぷわ~んとな~。後にネギとワサビを入れて食べれば、今度はワサビの何とも言えない香りが、喉の奥にこだまします。いや、またこれもおいしゅうござりまする。

 そうそう、割り箸が竹素材のものだったりで、一応高級志向を目指してるんじゃないかと思われるそば屋さんだと、勝手に思い込みました。

宿泊は新庄のホテル旅館一覧
©東北を行け