東北を行け
和工房そばのみ、突進レポ
Home > 山形の観光 >

和工房そばのみ

(村山市)
山形県村山市楯岡笛田三丁目3-6 TEL.0237-55-3631
板そば(十割太打ち)900円、もりそば(外二細打ち)650円
駐車場:勿論あり
和工房そばのみ - 通り和工房そばのみ - お店の外観
和工房そばのみ - 店内和工房そばのみ - 板そば
和工房そばのみ - もりそば和工房そばのみ - メニュー
 東沢バラ公園に向う途中に見つけた、県の村山総合支庁・北庁舎裏にある、ちょっとシャレた雰囲気の涼しそうなそば屋さん「そばのみ」に立ち寄ってみました。

 そこは店内もやっぱりシャレた感じで、イス席や座敷席のテーブルが、ゆったりとした間隔で数席だけしつらえております。んー、「そばのみ」って、”そばだけ”っていうこと~?

 もとい、マネージャーが「もりそば」、私が「板そば」を頼みますと、お昼前でお客さんも少なかったおかげか、程なく出て参りました。

 で、板そばは、ちょっと太めの、色の付いた十割蕎麦で、優しく言うと腰の強い、無愛想に言うとちょっと硬い、そんなテイストのそばなのです。それをカツオダシの効いたツユにつけてスルスルッとすすると、そばの香りとカツオダシの香りが鼻腔に漂って来て‥。おう、これぞ山形田舎蕎麦、久しぶり~。

 そうですね、万人向けとツウ向けの中間ぐらいの、そんな蕎麦ではないかな~と思います。まあ、こちらのメニューでいうと、もりそば → 板そばの順にツウ向きですかね~。山形田舎蕎麦食い初心者でしたら、まず「もりそば」から‥。

宿泊は村山市のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw