東北を行け
東沢バラ公園、突進レポ
Home > 山形の観光 >

東沢バラ公園

(村山市)
〒995-0023 山形県村山市楯岡東沢1-25 TEL.0237-53-5655
バラまつり期間は有料(600円) / その他の期間は無料
駐車場 入口近く150台、面積は7ha 東京ドーム3個分
バラまつり期間(2018年の場合)
春:6月1日~7月8日、秋:9月14日~9月30日
東沢バラ公園 - 通り東沢バラ公園 - 通路
東沢バラ公園 - 白いバラ東沢バラ公園 - 池沿いのバラ
東沢バラ公園 - ピンクのバラ東沢バラ公園 - 黄色いバラ
東沢バラ公園 - バラのアーチ東沢バラ公園 - バラの林
東沢バラ公園 - バラ畑東沢バラ公園 - バラタワー
 山形路、ベニ色に実ったサクランボ畑をかき分けるように、爽やかな初夏を行くと、すり鉢型の山形盆地の東の縁、村山市の町外れに「東沢バラ公園」の看板が見えて来まして‥。

 ここは普段は無料の公園なんですが、バラが咲くこの季節(秋にも)のみ有料になるみたいなんですね~。で、ここへ来る道中、サクランボで十分に目を楽しませて貰いましたが、まあ、たまにはバラも見ておこうかな~と突撃‥。

 して、東沢バラ公園は、750品種・2万株ものバラが育てられる日本有数のバラ公園で、入口脇の池からなだらかに上る丘の斜面に植えられた、たくさんのバラの花々が今咲いており、それはとってもお見事でしてね~。で、色とりどり、かたち様々、香りいろいろ、そこには花達がほんのひと時、この世を謳歌するように光輝いておりましたのよ~。

 あ~、それにしても、世の女性陣は何故に花(や宝石)をこんなにも愛でるのでありましょうや。わたしには不思議でなりませぬ。しかも「ダンゴも好き」と来たもんだ~。

 それから園内をスタスタと一回り、小一時間ほどで一周できますが、蕎麦屋さんやら、バラソフトクリーム屋さんやらに立ち寄ると、日がな半日過ごせてしまう大きな公園なのです。そうですね、この公園を回っていたら、そこまでは大きくないですが、沖縄の東南植物園を思い出してしまいました。

宿泊は村山市のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw