投稿へ 戻る

オープン情報

/ その他の温泉、トピックス等
  • Currently 5/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 5/5 (1 votes cast)


コメント

グローバルビュー八戸、6月1日グランドオープン

八戸市十三日町のホテルグローバルビュー八戸(旧八戸第1ワシントンホテル)が6月1日、グランドオープンする。大浴場とラウンジカフェを新たに設け、客室は以前の216室から226室に増やして市内最大級に。

https://www.daily-tohoku.news/archives/36346

(投稿者 Anonymous さん : 2020年05月31日)

材木栄屋旅館、来月20日開業

上山市のかみのやま温泉で2018年に閉館した老舗温泉旅館「材木栄屋旅館」について、貸しビル業などの横田商事(川崎市、横田隆義社長)が取得し、6月20日にリニューアルオープンさせることが27日、分かった。客室をベッドスタイルの洋室や和洋室に改修し、ビジネスタイプも併設する新たな温泉旅館として営業する。

https://www.yamagata-np.jp/news/202005/28/kj_2020052800623.php

(投稿者 Anonymous さん : 2020年05月31日)

「どんぐりの湯」オープン

 県内で唯一、温泉施設がない新庄市に「天然温泉どんぐりの湯」が誕生し、30日にオープンする。仙台市の医療法人が新庄市本合海に整備したサービス付き高齢者向け住宅「緑風苑」に併設した日帰り温泉で、一般客の利用を受け入れる。

https://www.yamagata-np.jp/news/202005/29/kj_2020052900662.php

(投稿者 Anonymous さん : 2020年05月30日)

新たな温泉施設を整備しているのは、新庄市本合海でサービス付き高齢者住宅を建設中の仙台市の医療法人「北成会」。かつての「新庄温泉」の敷地の一角に、高齢者住宅と棟続きの日帰り入浴施設を整備するもので、入居者と一般市民の双方が利用できる施設となる。

名称は「どんぐりの湯」で、男女のサウナ室も完備した施設の利用料金は、1回500円以内に設定し、4月下旬をめどにオープンする予定だ。

(投稿者 Anonymous さん : 2020年03月06日)

八戸「るいけ温泉」が新築再オープン

「るいけ温泉」が7日、装いを新たに「るいけ源泉えんの湯」として再オープン
https://this.kiji.is/564790476646663265?c=39546741839462401

(投稿者 ぞう さん : 2019年11月09日)

6月1日 新地町につるしの湯がオープンしました。

温泉少ない地域でのオープンですね。

https://www.hotelgradoshinchi.com/tsurushinoyu

(投稿者 ごまちゃん さん : 2019年06月08日)

ぞうさん
有難うございます。
お手数をお掛け致しましたm(__)m

(投稿者 よし さん : 2019年05月09日)

白鷹温泉“復活”します! 町出身・新保さん、24日開所予定


http://yamagata-np.jp/news/201905/08/kj_2019050800121.php

※よしさん、こちらに移動させてもらいました。by ぞう

(投稿者 よし さん : 2019年05月09日)

河辺岩見温泉交流センターオープン 旧岩見温泉を建て替え

 秋田市が河辺三内の旧岩見温泉を建て替えて整備した「河辺岩見温泉交流センター」が10月1日、オープンした。同所で開所式が行われ、関係者40人が地区の交流の場の再出発を祝ったほか、待ちわびた住民が次々と訪れ入浴を楽しんだ。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年11月07日)

築館に温泉施設完成 9月30日オープン

 栗原市築館に日帰り温泉施設「天然温泉たかもりの湯」が完成した。30日のオープンを前に記念式典が24日行われ、関係者が築館地区唯一の温泉施設誕生を祝った。
 たかもりの湯は、東北自動車道築館インターチェンジから車で10分の里山に位置する。泉質は低張性弱アルカリ性高温泉。男湯と女湯にそれぞれ広さ約15平方メートルの浴槽を備え、源泉掛け流しとする。

 営業時間は午前10時~午後9時。料金は大人700円、小学生以下400円、3歳以下無料。連絡先はたかもりの湯0228(24)7161。

(投稿者 ぞう さん : 2016年11月07日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。(urlはそのまま貼り付けてください。タグ化する必要はありません。)






(C) 東北の旅ログ