投稿へ 戻る

宮城の温泉

/ 日帰り温泉
  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)


コメント

1月19日放送】ナニコレ珍百景で鳴子温泉が紹介されました(^^♪

http://yasuragisou.blogspot.com/2020/01/119.html

っていうのを見つけましたよ~。

(投稿者 ぞう さん : 2020年03月13日)

県南地方は、先日の台風19号などのせいで、通行止めが多く、注意が必要です。

http://roadgis.pref.miyagi.jp/gispub/Internet/DISP001.aspx

(投稿者 ぞう さん : 2019年11月07日)

台風19号 生活関連情報・入浴支援

 ●角田市はウエルパーク「椿の湯」を無料開放。市民以外も可。社会福祉課0224(61)1185。

 ●丸森町の丸森まちづくりセンター、丸森小、舘矢間小、小斎小で自衛隊が入浴支援。午後4~9時。

 ●公立学校共済組合宮城支部は、被災者を対象に鳴子保養所「玉造荘」で無料入浴支援を実施している。被災証明書やタオルなど持参。玉造荘0229(84)7330へ。

 ●ホテル旅館生活衛生同業組合によると、被災者を対象に無料入浴支援を実施している施設は次の通り。被災証明書やタオルなどを持参。利用時間など詳細は各施設へ。

 【仙台・作並、秋保地区(市外局番は022)】La楽リゾートホテルグリーングーン(395)2011▽伝承千年の宿佐勘(398)2231▽秋保リゾートホテルクレセント(397)3111▽ホテルきよ水(397)2555▽奥州秋保温泉蘭亭(397)1515【松島地区(市外局番は022)】小松館好風亭(354)5065▽松島温泉元湯ホテル海風土(355)0022▽花ごころの湯新富亭(354)5377▽パレス松洲(354)2106▽ホテル絶景の館(354)3851▽ホテル壮観(354)2181▽ホテル松島大観(354)2161【蔵王・遠刈田地区(だいこんの花以外の市外局番は0224)】温泉山荘だいこんの花(0570)041155▽ゆと森倶楽部(34)2311▽旅館三治郎(34)2216▽さんさ亭(34)2211▽バーデン家壮鳳(34)3161【大崎・鳴子、東鳴子、川渡の各地区(市外局番は0229)】鳴子ホテル(83)2001▽鳴子パールホテル(83)2112▽東多賀の湯(83)3133▽旅館すがわら(83)2022▽旅館弁天閣(83)2461▽勘七湯(83)3038▽旅館大沼(83)3052▽旅館なんぶ屋(83)3437▽越後屋旅館(84)7005▽東五郎の湯高東旅館(84)7220▽旅館ゆさ(84)7676

https://sp.kahoku.co.jp/special/spe1115/20191023_01.html

(投稿者 Anonymous さん : 2019年10月24日)

西多賀にあるベガロポリス内の「やまびこの湯」にそれいけミミゾーでムーディ勝山がリポートしていましたが、ここって元々極楽湯・仙台南店あったところなんですね。
昨年秋にオープンしたそうで綺麗だそうです。

(投稿者 田中幹生 さん : 2019年04月06日)

<鳴子温泉>市有源泉綱渡り

 大崎市鳴子温泉の公衆浴場「滝の湯」「早稲田桟敷湯」などに供給する市有の源泉「下地獄源泉」で昨年11月以降、管の老朽化による蒸気漏れのトラブルが相次いでいる。6本のうち4本が使用不能に陥り、残る2本をフル稼働。足湯など観光客向けのサービスを休止して湯量を確保するが、綱渡りが続く。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201903/20190329_11024.html

(投稿者 Anonymous さん : 2019年03月29日)

<鎌先温泉>交流拠点「粋 sui」オープン

 白石市の鎌先温泉周辺の住民組織が中心となって計画を進めてきた温泉街の新たな交流拠点「粋 sui」が15日、オープンした。地元食材を生かした軽食や宮城県内各地の特色ある物産の買い物が楽しめる。

 温泉入り口付近の旧店舗を改装した。面積は約130平方メートル。壁やテーブルに杉材を用い、大きな窓を設けた明るい空間となっている。

 16席のカフェは、米粉入りのコッペパンやフレーバー(香り)付き日本茶、特製の純米吟醸原酒「富粋fusui」などが味わえる。特産の白石温麺(うーめん)や弥治郎こけしに加え、宮城県女川町の天然素材せっけん、塩釜市の藻塩など県内の多様な約100品目が並ぶ。

(投稿者 Anonymous さん : 2018年09月16日)

鎌先温泉に憩いの場を CFで資金募る 目標は100万円

 白石市の鎌先温泉周辺の住民組織が、温泉街に新たな交流拠点を造ろうと動きだしている。地元食材を生かした食事や木工品の創作体験が楽しめ、特産品も購入できる。7月開店を目指し、インターネットのクラウドファンディング(CF)などで賛同者の出資を広く募っている。

 事業費は総額3000万円を見込む。CFサイト「レディーフォー」での調達目標は100万円で、28日午後11時までに達成できないと全額返金となる。15日現在で77万7000円。連絡先は同組合090(2027)1724。

(投稿者 Anonymous さん : 2018年02月18日)

Wi―Fi整備予算使われず 青森・宮城で半分以上余る

 宿泊施設などで公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」を整備する予算が、宮城県と青森県で半分以上余っていたことがわかった。補助率の低さなどが要因で秋田県でも採択件数は2年間で2件にとどまる。政府は東北の外国人宿泊者数を3倍に増やす目標を掲げている。訪日客の呼び水となるWi―Fiの整備促進には、補助金の拡充や宿泊事業者への周知が課題になりそうだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXLZO03930750S6A620C1L01000/

(投稿者 Anonymous さん : 2016年06月23日)

こけし遠刈田系の職人になりませんか?

 蔵王町観光物産協会は、遠刈田系伝統こけしの工人3人を募集している。工人の高齢化や後継者不足が懸念されるためで、同協会は希望者からの申し込みを受け付けている。10日必着。

 勤務時間は午前9時〜午後5時。勤務期間は6月1日〜来年3月31日で、最長3年まで更新できる。休みは土日と祝日。遠隔地で通勤が困難な人には、町内に住居を確保する予定。採用された場合、同組合の工人からろくろ技術や描彩技術の指導を受けながら、こけしや木地玩具の制作に従事する。

https://mainichi.jp/articles/20160507/ddl/k04/040/280000c

(投稿者 Anonymous さん : 2016年05月07日)

栗原に新温泉開業へ

 宮城県栗原市に7月末、日帰り温泉が新たに誕生する。同市の産業廃棄物処理業、築館クリーンセンターが掘り当てた。住民に温泉や自然を生かした癒やしを提供するほか、イチゴ栽培施設や簡易的な住まいを用意して将来は移住者受け入れの目玉にしたい考えだ。
 同社によると、同市築館で唯一の日帰り温泉になる。東北自動車道築館インターチェンジから車で8分の中山間地、築館上高森地区に「高森温泉 星空の湯」として開業する。

 同社が昨夏、建屋用地の北東約100メートル地点を地下約1000メートルまで掘削したところ、低張性弱アルカリ性高温泉(純食塩泉)が湧いた。源泉は47度で、掛け流しで使用する。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年02月21日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。(urlはそのまま貼り付けてください。タグ化する必要はありません。)






(C) 東北の旅ログ