投稿へ 戻る

しんとろの湯(中山平温泉)

/ 日帰り温泉 / 宮城県
  • Currently 3/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 3/5 (1 votes cast)


コメント :投稿数 (11)

一番安く入浴できる方法は、回数券かもしれません。
湯巡りシールよりは現金の方が安い。
いろいろな割引があったり、券の種類があったりすると、何を選択するのが自分にベストなのか行く度に悩みます。

隣にできている食堂と売店も中山平では貴重ですね。
離れているので不便という人もいますが、食堂だけを利用したい人もいると思うので、今のスタイルも悪くないと思います。
(食堂、まだ利用したことないですが)

(投稿者 ごまちゃん さん : 2019年01月06日)

雪国の夜を彩る「スノーランタンフェスタin中山平」は6、7日の2日間、大崎市鳴子温泉中山平地区の国道47号線沿いであり、大小300個余りの〝雪のオブジェ〟が湯煙立ち上る温泉街に幻想的な雰囲気を漂わせた。

(投稿者 Anonymous さん : 2016年02月07日)

しんとろの湯は、今までにないトロトロ感に超びっくり!!
こんなに凄い温泉があったんですね。
また一つお気に入り温泉ができました。

(投稿者 さいちゃん さん : 2014年03月23日)

2/5 スノーランタンフェスタin中山平2011

 大崎市鳴子温泉の冬の風物詩「スノーランタンフェスタin中山平2011」(中山平温泉観光協会主催)が2月5日、中山平温泉「しんとろの湯」そばの広場で開かれる。同観光協会が毎年実施している恒例行事。雪で作ったランタンから淡い明かりがもれる幻想的な「光のショー」は、毎回多くの親子連れや観光客などを魅了している。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん : 2011年01月20日)

このお湯にはびっくりしました。まるで油に浸かっている感じでした。
個性のあるお湯ですが,ほとんど匂いはしないですね。
他の中山平温泉にはかなり匂いのキツイ温泉があるので,ちょっと不思議に思いました。
土曜の10時頃でしたが,お客さんは5~6人だったのでゆっくり入ることができました。
でも,11時頃には混み始めました。
ここは相当混みそうですね。休日に行かれる方は午前の早い時間がお勧めだと思います。

(投稿者 bB さん : 2008年03月09日)

お湯は最高にいいです。ただ時間によっては混み過ぎですね。

(投稿者 henley さん : 2007年10月17日)

湯質「は」とてつもなく良いです。
その他は...ちょっと残念...

(投稿者 TM さん : 2007年10月14日)

また立寄りました。
何か建物造っていました。
なんだか楽しみです。
いつも遅くたずねています。
地元の方々の挨拶もあり、のんびりさせていただいています。
やっぱりお湯が最高です。

(投稿者 コロ ワンワン さん : 2006年08月30日)

またいきました。浴室の洗い場も5箇所に増えましたよ、
湯量も増えて、本来の源泉掛け流しです、日々色々と整備されて来てます、お勧め温泉です。
係の方も親切で結構ゆっくりできます、鳴子温泉に行く方は、もう少し足を伸ばして、中山平までチョイで行けます。
土日は込み合いますので、平日もしくは、夕方がねらい目です。

(投稿者 コロ ワンワン さん : 2006年08月07日)

月2回のペースで入っています。
さすが中山平温泉郷の温泉ですよ。
すべすべになりしばらく湯冷めしません、琢秀さんの泉質とかなり似ています。温泉に入ったなと実感出来ます。
週末は結構込み合っています、休憩所のスペースが拡張していましたが、それでも休み所が少ないです。
当然温泉に入りに行く目的ですので、休憩所の独占時間の制限をしていただき、より多くの人が休めるように希望します。

(投稿者 コロ ワンワン さん : 2006年06月27日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

» しんとろの湯 from あつあつ東北温泉掲示板
日曜日、中山平「しんとろの湯」へ行ってきました。 かなり混雑していて、カランは3つしかなく(女湯は4つとのこと)なかなか空きませんでした。 料金は42...
 (トラックバック時刻: 2007年03月09日 14:08)


» 中山平温泉公衆浴場しんとろの湯 from あつあつ東北温泉掲示板
本日かねて話題のしんとろの湯に行って参りました。 これから行かれるのを楽しみにされてる方も多いと 思うので感想抜きに概要だけお伝えいたします。 ...
 (トラックバック時刻: 2007年03月09日 13:48)


現在トラックバックは受け付けておりません



(C) 東北の旅ログ