投稿へ

さくらんぼ

/ 山形県の名物お土産
  • Currently 4/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 4/5 (1 votes cast)


コメント :投稿数 (14)

[cid:17726]このurl

山形サクランボ国際市場へ参入 県が始動

 山形県は新年度、生産量日本一を誇るサクランボのブランド強化のため、新たに国際市場への参入を目指す「世界一プロジェクト」を始動させる。世界で主流の大玉品種の開発、国際宅配制度の構築を進める一方、産地拡大を見据えた機械収穫の研究に乗り出す。

 世界のサクランボ生産量はトルコ、米国、イランが上位。いずれも3L級の大玉が主流を占める。山形産は粒の大きい「紅秀峰」でも2L級。品質の高さを維持したまま果実を肥大化させることが、国際市場で競争できる必須条件となる。

([4] 投稿者 Anonymous さん : 2015年03月05日)

[cid:17273]このurl

早くも色づくサクランボ 東根で加温栽培の出荷始まる

 サクランボの生産量日本一を誇る東根市で、加温ハウス栽培のサクランボの収穫、出荷が始まった。赤く色付いた実がハウス内を華やかに彩っている。

 JAさくらんぼひがしねによると、加温ハウス栽培のサクランボは市全体で昨年より早く生育が進み、市場価格は高値で推移。露地物にリレーする6月上旬まで出荷が続く

([3] 投稿者 匿名希望 さん : 2014年03月28日)

[cid:16989]このurl

サクランボのサイダー人気

 山形県南陽市の飲料製造会社「山形食品」が県名産のサクランボを用いて開発した炭酸飲料「山形さくらんぼサイダー」が、猛暑の飲み物にぴったりと、発売1カ月で初回生産分9万本を売り切る人気になっている。

([2] 投稿者 アイムトン さん : 2013年07月23日)

[cid:16700]このurl

筋肉痛と痛風にサクランボジュース

最近行われたノーザンブリア大学の研究では、ロンドンマラソンに参加するランナーでマラソン5日前から1日2回モンモランシーチェリー(スミミザクラの仲間で抗酸化物質を豊富に含む酸っぱいサクランボ)のジュースを飲用した選手は、対照群と比べマラソン後の回復が早く、筋肉痛も軽かったという実験結果が出ています。また、サクランボジュースは尿酸の排出を助けることにより痛風の痛みを和らげる効果もあるそうです。

([1] 投稿者 アイルトン さん : 2010年11月07日)

page: 前の10件 1 2

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



©全国の名物 - クチコミLOG