⇐戻る
投稿へ

毛蟹

/ 北海道の名物お土産

  • Currently 5/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 5/5 (1 votes cast)

北海道厚岸郡厚岸町奔渡3丁目1番地


コメント :投稿数 (5)

[cid:21055]このurl
([5] 投稿者 Anonymous さん : 2022年08月08日)

[cid:20658]このurl

毛ガニに似ているカニとして、「クリガニ」がいます。パッと見るとよく似ていますが、甲羅の形が違うそうです。

毛ガニの甲羅が「少し縦長の四角形」なのに対して、クリガニの甲羅は「五角形で横長」です。毛ガニもクリガニも、同じ「クリガニ科」の仲間ということで、似ていてもおかしくはありません。ただ、毛ガニの方がやや大きいことから、毛ガニの別名は「オオクリガニ」なのだそうです。

https://www.excite.co.jp/news/article/AllNightNippon_325798/

([4] 投稿者 Anonymous さん : 2021年11月19日)

[cid:20468]このurl

噴火湾毛ガニ 初水揚げ

 胆振噴火湾海域(室蘭市―渡島管内森町)の毛ガニかご漁の試験操業が解禁となり、19日朝、室蘭漁協といぶり噴火湾漁協の漁船9隻が初水揚げした。

([3] 投稿者 Anonymous さん : 2021年06月20日)

[cid:17803]このurl

毛ガニ漁好調、漁獲1・4倍 オホーツク管内 早い海明け、資源量も増加

オホーツク管内で3月下旬に始まった毛ガニかご漁が好調だ。操業している管内8漁協の4月20日現在の総漁獲量は約350トンと、前年同期の1・4倍に上る。流氷が去るのが早かったことや資源量の増加が要因とみられる。一方、日ロカニ密漁・密輸防止協定の発効に伴う「カニ不足感」で浜値は約1割上がり、今後、小売価格の値上がりが懸念される。

 この時期は実入りの良い脱皮前の「堅ガニ」が多く、価格も高い。年間漁獲量が制限されるため、「良いカニが捕れるこの時期の水揚げが多いのは、漁業者にとって大変良いこと」(雄武漁協)という。

([2] 投稿者 Anonymous さん : 2015年04月29日)

[cid:17406]このurl

長万部で毛がにまつり

 おしゃまんべ毛がにまつりが28日、渡島管内長万部町のふれあい公園で2日間の日程で始まった。町内外から訪れた人たちは新鮮な毛ガニを堪能していた。

 初日は時折、小雨が降り肌寒かったものの、約3千人が訪れた。会場では、毛ガニや長万部名物の「かにめし」などが販売された。

([1] 投稿者 Anonymous さん : 2014年06月29日)

page: 1

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help



トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



©全国の名物 - クチコミLOG