⇐戻る
投稿へ

山形の吟醸酒

/ 山形県の名物お土産

  • Currently 5/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 5/5 (2 votes cast)

山形県米沢市窪田町藤泉943-1


コメント :投稿数 (18)

[cid:21389]このurl

海外でのブームの火付け役は「十四代」や「黒龍」

「十四代」は、画一的な吟醸淡麗系の日本酒ばかりの時代に米の酒らしい旨味を前面に、影響力のある酒販店とともに販売展開することでプレミアム化に成功し“平成の幻の酒”としての地位を確立しました。

([18] 投稿者 Anonymous さん : 2022年09月05日)

[cid:21107]このurl
([17] 投稿者 Anonymous さん : 2022年08月10日)

[cid:20967]このurl

「山形県の日本酒」人気ランキングTOP10! 1位は「十四代」【2022年7月5日時点/SAKE TIME調べ】

([16] 投稿者 Anonymous さん : 2022年07月11日)

[cid:20495]このurl

出羽桜(天童)、Wプラチナ賞 仏の日本酒コンクール

 フランスの日本酒コンクール「クラマスター2021」の審査結果が公表され、本県から出羽桜酒造(天童市、仲野益美社長)の「出羽桜特別純米3年熟成」が純米酒部門で、「出羽桜AWA SAKE」がサケスパークリング部門でそれぞれプラチナ賞に輝いた。ダブル受賞で、同社の酒造り技術の高さが裏付けられた。

([15] 投稿者 Anonymous さん : 2021年08月15日)

[cid:20217]このurl

出羽桜酒造が「オンライン感酒祭」

 同日には「ドライブスルー蔵開き」も開催し、当日の朝に搾った「ドライブスルー大吟醸」を車から降りずに購入することもできる。「ドライブスルー大吟醸」は密を避けるため、30分区切りの事前予約制で200本限定での販売となる。

https://yamagata.keizai.biz/headline/682/

([14] 投稿者 Anonymous さん : 2021年01月08日)

[cid:19686]このurl

世界で最も権威あるワインの品評会IWC 2018「SAKE 部門」審査会を2018年5 月13日から5月16日の4日間、山形県にて開催

 世界で権威あるワイン品評会を主催する、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)は、IWC 2018「SAKE 部門」審査会を2018年5月13日から5月16日の4日間、山形県にて開催することを決定し、出品酒の応募受付を2018年2月13日より開始します。

([13] 投稿者 Anonymous さん : 2018年02月19日)

[cid:19685]このurl

 「山形大学産酒米」による純米大吟醸酒「燦樹(きらめき)2018」が完成した。甘口ながら、すっきりとした飲み口が特徴。「飲み慣れていない若い世代にも親しみやすい一本」(同大)とアピールしている。

https://mainichi.jp/articles/20180218/ddl/k06/040/035000c

([12] 投稿者 Anonymous さん : 2018年02月18日)

[cid:19121]このurl

山形「出羽桜」が日本酒世界一に 世界最大級のワイン品評会

 世界最大級のワイン品評会、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)は7日、日本酒部門の今年の最優秀賞「チャンピオン・サケ」に出羽桜酒造(山形県天童市)の純米酒「出羽桜 出羽の里」を選び、ロンドンでの授賞式で発表した。

 出羽桜酒造の酒がチャンピオンに選ばれるのは2008年の純米吟醸酒「出羽桜 一路」の受賞以来、2度目。

([11] 投稿者 Anonymous さん : 2016年07月09日)

[cid:18922]このurl

日本酒9種別で最高賞発表 世界最大級品評会、神戸

神戸市で開催されていた世界最大級のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」の日本酒部門審査会は20日、結果を発表し、純米大吟醸酒など9種類で最高賞「トロフィー」が決まった。

 審査会には346の蔵元が1282銘柄を出品。国内外の審査員57人が9種類ごとに金、銀、銅などの各賞を決めた。トロフィーは、複数ある金賞から1銘柄を選んだ。

 純米酒と吟醸酒の2部門でトロフィーを獲得した「出羽桜酒造」(山形県)の仲野益美社長は「山形が日本酒にとっての『ブルゴーニュ地方』になっていければいい」と笑顔。本醸造酒部門の栄冠に輝いた「南部美人」(岩手県)の久慈浩介社長は「世界中が日本酒で乾杯できるようにしたい」と夢を語った。

 大吟醸酒部門では「八戸酒造」(青森県)の駒井庄三郎社長が「これからも自信を持って地元の米を使いたい」。古酒部門の「宮下酒造」(岡山県)の宮下晃一専務は「非常に光栄。さらに精進したい」と決意を述べた。

http://www.sankei.com/photo/story/news/160520/sty1605200012-n1.html

([10] 投稿者 Anonymous さん : 2016年05月21日)

[cid:18280]このurl

出羽桜酒造(山形県天童市) 吟醸酒、日本酒復権の切り札に

 60%以下に精米した白米を原料に、低温で寝かせて製造する吟醸酒(ぎんじょうしゅ)。フルーティーで華やかな香りとすっきりした上品な味わい、のどごしの滑らかさが特徴だ。

 吟醸酒の言葉すら知る人が少なかった昭和55年。他社に先駆けて「桜花吟醸酒」を発売した。鑑評会用につくる特別で高額な酒の素晴らしさを知ってほしいとの思いから、あえて「一級酒より安い吟醸酒」として世に問うた。

 これが吟醸酒のブームを切り開き、地酒人気銘柄ランキング本の吟醸酒部門では12年連続1位を獲得、大手化粧品会社の商品の香りに選ばれるなど日本酒の底辺拡大に一役買う看板商品となった。

http://www.sankei.com/region/news/160108/rgn1601080005-n1.html

([9] 投稿者 Anonymous さん : 2016年01月08日)

page: 1 2

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help



トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



©全国の名物 - クチコミLOG