投稿へ 戻る

旅がらす(群馬)

/ 群馬県
  • Currently 4/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 4/5 (1 votes cast)

コメント :投稿数 (4)

旅がらす レモン、メロン味

 群馬県の旅がらす本舗清月堂(前橋市新堀町、糸井義一社長)は、主力商品「旅がらす」の期間限定味を発売した。8月末までの期間限定販売。

https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/219289

(投稿者 Anonymous さん : 2020年06月16日)

ふんわりみそ風味の旅がらす

 みそ漬け製造販売のたむらや(前橋市千代田町)は、菓子製造販売の旅がらす本舗清月堂(同市新堀町)と共同で「旅がらすみそ風味」を商品化し、発売した。クリームにみそを配合し、鉱泉せんべいで挟んだ。

(投稿者 Anonymous さん : 2019年08月18日)

群馬のでありませんが、

【衝撃みやげ】岐阜のモナカ『旅がらす』が常識破りすぎ! 衝撃のビジュアルだった / フィギュアかと思うほどの造形に思わずワンフェスに持っていきたくなった

日本の、特に本州の観光地で売っているお菓子って何だか似たりよったり。せんべい、モナカ、あと「ひよこ」的な雰囲気の鳥型まんじゅうなどなど……。島国だし、そこまで文化も変わらないから仕方ないか。

なーんて思ったことがある人はいないだろうか。私もちょっと思っていた。そんな折、岐阜のお土産をもらったのだ。中身はモナカだという。何も思わず開けてみたところ……何コレ!? は? モナカ!? モナカの常識、どこ行った!?

https://rocketnews24.com/2018/02/23/1023873/

(投稿者 Anonymous さん : 2018年02月23日)

清月堂、高崎の1店舗を残し25店閉店へ-「旅がらす」はこれからも

 菓子の製造販売を手掛ける「旅がらす本舗 清月堂」(本社=前橋市新堀町)が12月中に、高崎の小鳥町店(高崎市下小鳥町)以外の25店舗を閉店する。

 清月堂は1927(昭和2)年創業の老舗菓子メーカー。1958(昭和33)年に発売した鉱泉せんべいのクリームサンド「旅がらす」は群馬土産として親しまれ、群馬県民が良く知る商品の一つとして知られた。

 1977(昭和52)年には本社工場建設や積極的な店舗展開を始め、最近では大型CSやスーパーマーケットなどのテナントも増やしていたが、今年9月11日、同業の「ドンレミー」(本社=東京都足立区)の完全子会社となった。

 ドンレミー担当者によると、高崎の小鳥町店は改装し、「旅がらす」などの清月堂の主力商品とともにドンレミーが製造する商品も取り扱う予定という。同社は2005年にJR高崎駅東口にオープンしたアウトレット店で成果を上げている。

 清月堂の担当者は25店舗中すでに閉店した店舗もあることなど、取材の途中で声を詰まらせた。

http://takasaki.keizai.biz/headline/2343/

(投稿者 Anonymous さん : 2014年11月28日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help




トラックバック

現在トラックバックは受け付けておりません



©全国の名物 - クチコミLOG