戻る投稿へ

愛媛県の名物・お土産・特産

/ 愛媛県の名物お土産

  • Currently 0/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 0/5 (0 votes cast)


コメント :投稿数 (4)

[cid:20711]このurl

特産「雷漬」作り最盛期

 かむと「バリバリ」と音がすることから名付けられた愛媛県松野町特産の「雷漬」の生産が最盛期を迎えている。

 メンバーは畑から引き抜いたばかりのカブを丁寧にたわしで洗浄して輪切りに。事前に5日ほど干しておいた円盤状のカブは、メンバーが開発した「かつらむきマシン」やスライサーで手際よく4~5ミリの厚さに切っていった。

 今シーズンは約2500パックを生産する予定で、町内や近隣市町の道の駅などで販売する。

https://www.ehime-np.co.jp/article/news202201180027?utm_medium=social&utm_content=%2Farticle%2Fnews202201180027

([4] 投稿者 Anonymous さん : 2022年01月19日)

[cid:20700]このurl

愛媛で人気!マーブル模様がおしゃれな「みかんパン」

パンのことを愛してやまない、焼きたてパンが自慢の「月原ベーカリーさん」。開業34年で、今治市に本店と朝倉店があります。

https://dogoehime.com/foodsweets/ehimelocal/ehimemikan_omiyage04/

([3] 投稿者 Anonymous さん : 2021年12月24日)

[cid:20670]このurl

四国中央特産やまいも「やまじ丸」を給食で

「やまじ丸」は、県のブランド産品にも認定され形が丸く粘りが強いのが特徴で、萩尾さんはすりおろした「やまじ丸」が入ったおわんを傾けながら、粘りの強さを見せていました。

([2] 投稿者 Anonymous さん : 2021年11月30日)

[cid:20588]このurl

たこ飯

漁船上で漁業者が獲れたタコをぶつ切りにして、ごはんに炊き込んだのがはじまりといわれている。もともと伊予灘は海底が砂地で、小エビ、カニ、貝類が多く、タコの生育環境として適している。その中でも春先に出回る「木の芽だこ」と呼ばれる200~400gの小ダコは身が締まって美味しいとされる。また、梅雨の多雨期には栄養分を含んだ水が海に流れ込むため、タコが大きく育ち、この時期のものも独特の歯ざわりがあるとされる。

松山市では、伊予灘に面した漁港のある今出地区に、「たこ飯」をはじめとしたタコ料理の専門店がいくつかある。

https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/tako_meshi_ehime.html

([1] 投稿者 Anonymous さん : 2021年10月15日)

page: 1

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。 ※Help






©全国の名物 - クチコミLOG