ホーム 秋田の温泉

秋の宮山荘

、突進レポ

秋の宮山荘

(秋の宮温泉)
禿岳秋の宮山荘 - 施設の外観1
秋の宮山荘 - 施設の外観2秋の宮山荘 - 施設のロビー
〒019-0321 秋田県湯沢市秋ノ宮殿上1-1 TEL.0183-56-2400

入浴 600円
入浴、食事、宿泊
男女別(内湯1、露天1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 12月、冬の鬼首峠を越え、(冬でも)秋の宮温泉郷へ入ると、温泉郷の中程のちょっと小高い斜面にある宿、「秋の宮山荘」にやって来ました。と、さすが公共系、んー、立派な建物ですな~。

 で、来る途中、青空にひときわ輝く白銀の禿岳(かむろだけ)を眺めつつ鬼首道路(R108)を参りますと、その景色に次第に心が洗われ、とってもすがすがしい気分に‥。その禿岳のすぐ後ろには、神室山(かむろさん)っていう山もあったりして、ややっこしさバツグンでしてね~。

 また、近くには「縦じま野球団」の関係者が自然に集う、虎毛山(とらけやま)っていうのもあったりして、更に賑やか‥。あ、卓球の福原愛ちゃんの私設卓球練習場がここの稲住温泉にあって、それを「虎の穴」って呼んでいましたっけ‥。
1212
 して、受付を済ませ、売店奥の階段を上がり2F浴場へ。と、そのだだっ広い浴室は八角系のドーム状の空間になっており、そこには数種の湯船(寝湯、打たせ湯、ジャグジーなど)があり、外には申し訳なさそうに控える、菱形の露天風呂が設けられてありました。

 で、お風呂はだいたいは掛け流しになっており、露天風呂が源泉に近い弱アルカリ性の肌触りで、内湯は加水が多いのか中性の感じに‥。そしてその無色透明なきれいなお湯は匂いもなく、平日でお客さんが少ないせいか、鮮度もよろしくて、とても気持ち良く浸かれました。

 それと、ジャグジーの寝湯の塩梅がことのほか心地良く、案外ほぐされたように思います。あとは、無駄に多いようにも思える浴槽群ですが、これは湯量が豊富で温度が高い源泉の賜物なのでしょう。

 んと、日帰り温泉的には、あとは休憩広間が欲しいところ‥。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:温水プール井及び休養村管理センター井の混合泉 72.4℃ pH8.0 ナトリウム 520, 塩素 866, メタケイ酸 178, 総ヒ素 0.32(平成24年分析) かけ流し・循環併用式・加水有り・加熱無し
秋の宮山荘 - 内湯1秋の宮山荘 - 内湯2
秋の宮山荘 - 内湯の天井秋の宮山荘 - 露天風呂

秋の宮の界隈1秋の宮の界隈2
 翌日、帰りにまた「秋の宮」界隈を通りますと、今しがた降ったばかりの雪が木立を覆い、一時で消えてはしまいますが、幻想的な情景を創り出しておりましてね~。

 うーん、雪景色も、マンザラではありませぬな~。‥でも、何事もほどほどにお願いしま~す。

宿泊は秋の宮温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw , 最終更新日:2019/11/13