東北な温泉ロゴ 東北な温泉、タイトル
さとみ別館、突進レポ

温泉センターりらっくす

(秋田市)
温泉センターりらっくす - 施設の外観温泉センターりらっくす - 途中のアジサイ
温泉センターりらっくす - 浴場入口周辺
〒010-0822 秋田県秋田市添川字境内川原142-3 TEL.018-837-4126

入浴 540円
入浴、広間(日祝のみ可、1000円)、食事
男女別(大浴場1、露天風呂1、サウナ1)
シャンプー・セッケンなし

 7月、秋田市の郊外、山林と住宅地がせめぎ合う辺りにある施設、「秋田温泉さとみ別館・温泉センターりらっくす」にやって参りました。と、そこには予想外に広い駐車場が設けられてあり、また思いのほか多くの車が止まっており、そしてまたたくさんのお客さんで賑わっておりましたのよ。

 実はMG(今回は所用で来られず)からの指令では隣の「秋田温泉プラザ」に行くことになっていたのですが、着いたのはなぜかここ「温泉センターりらっくす」。カーナビ(目標:電話番号で設定)に勝手に連れて来られたんですわな、ほんと。後でMGに温泉の内容を報告すると話が噛み合わず、その時やっと違う温泉だったと気づいた次第で、ハイ。‥またやってしまったぞぅ。
(梅雨の小雨)
 券売機システムで受付を済ませ、同階にある浴場の暖簾をくぐりますと、そこには大勢の湯浴み客がおり、入浴したり、転がって休んだりで、憩いの空気が隅々まで染み渡っているかのよう。

 内湯は大浴槽とジャグジーとジェットバス、そして大迫力の”大打たせ湯”が轟音とビジュアルで人目を引き、自分もそのあまりの勢いに心奪われてチャレンジへ。するとそれが、強烈、爽快、ようござんす。ふと前方を見れば、ジェットバスに浸かったオジイチャン達が岩のように固まってしまっていて、いったいどうしたんだろうと。が、なんのことはなし、痛い痒いがあるオジイチャンばかりのようで、ゆっくり、じっくり、癒していただけのようでありましてね~。

 お湯は無色透明で、ビニール系のアブラ臭が少しあり、肌をこするとヌルヌルする感触。だいたい見た感じ掛け流しで、お湯の鮮度もマンザラ悪くないように思います。また、強力なジャグジーや打たせ湯が最高に気持ちよく、知らぬ間に時間が経ち、油断するといつまでも居てしまいそうな、そんな温泉なのでありました。‥湯上り後の肌、温泉の匂いあり。

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 高張性弱アルカリ性温泉 源泉:秋田温泉元湯 41.5℃ pH- ナトリウム 4492, 塩素 5401, 炭酸水素 2852, 炭酸 172, メタホウ酸 119(平成16年分析) 加温・消毒・循環濾過
温泉センターりらっくす - 脱衣所から見た内湯温泉センターりらっくす - 内湯
温泉センターりらっくす - 打たせ湯温泉センターりらっくす - ジェットバス
宿泊は秋田ホテル一覧
©東北な温泉 , 17rw