秋田の温泉、鳥海荘

猿倉温泉・鳥海荘(由利本荘市) Home» 秋田の温泉»


〒015-0512 秋田県由利本荘市鳥海町猿倉字湯ノ沢103-1 TEL.0184-58-2065

入浴 7:00~21:00 300円
広間 5-10月/7:00~18:00(冬季~17:00)
定休日 第一月曜日の日中休み
入浴、休憩(広間別途 260円)、食事、宿泊
男女別(内湯1、露天1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 由利本荘市の矢島町から(秋田県民のココロの山)鳥海山に向かうように山中に入ることしばし、人里に出たりまた山中に入ったりしながら来ると、「鳥海荘」と「温泉保養館あっぽ」が一緒にあるよ、みたいな看板を掲げるこの施設にたどり着いたのです。中に入り館内表示を見たら、なんと4つの施設の集合体だったんですね~。
 4月の鳥海山は、まだ全体が雪の残る白い三角山で、バックの白雲に溶け込むようにたたずんでおります。ここの施設は鳥海山のだいたい北東にある感じでして、おそらくこちらの北側だけに雪が残っているものと‥。またこちらの方角からみる鳥海山は、なんだかデコボコ感がありまするな~。
2017.04
 中に入り受付を済ませ、同階奥の浴場へ向かいます。案内図には「あっぽ」と「ぶなの実」の2つの浴場があるみたいに書いてありますが、「ぶなの実」の方は貸切風呂なので、実質1つだと思った方がよいでしょう。

 さて、浴場にはサウナ、水風呂、ジャグジー風呂、寝湯、そしてメインの内風呂があり、何だかとっても賑やかなのです。して、その外には贅沢なゆったり間隔で露天風呂が2つ設けられ、その塀の向こうには鳥海山がデーン‥。で、冬期の露天風呂は雪の影響で、手前の屋根付のみしか使えないそうなので、そのための広さなのだと。

 お湯に浸かってみますと、それは薄い褐色を呈しており、焦げビニール系アブラ臭を漂わせ、肌をこするとヌルヌルする、温泉らしい温泉なのです。湯温は、露天風呂はちょっとぬるく、内湯は満足する熱さ。で、どちらも掛け流しの気持ちの良いお湯でございます。まあ、分析表の炭酸水素とpHの数値からすれば、とってもヌルヌルする筈なんですが、加水があるため、それほどでもない肌触りになっているようですね~。

 帰り道、骨折の予後が悪くて長いこと痛みに苦しむ、連れのおババさまが「ジェットバスの勢いがすごくて、すこぶる気持ち良かった~」と申しておりましたのよ。

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 高張性弱アルカリ性温泉 源泉:猿倉温泉2号井・3号井混合泉 42.4℃ pH8.7 ナトリウム 1238, 塩素 951, 炭酸水素 1618(平成26年分析) 加水・加温・消毒・循環濾過


宿泊は、由利本荘市のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2017