東北な温泉 秋田の温泉

蟹場温泉(がにばおんせん)

、突進レポ

蟹場温泉

(乳頭温泉郷)
蟹場温泉 - 施設の外観1蟹場温泉 - 湯小屋1
蟹場温泉 - 施設の外観2蟹場温泉 - 湯小屋2
〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林 TEL.0187-46-2021

入浴 500円
入浴、宿泊
男女別(内湯2)
混浴露天1(泊まれば女性専用時間あり)
シャンプー・セッケンあり

 6月、乳頭温泉のメイン道路の最奥部、その行き止まりにある「え、そう言う名称?」と思ってしまう施設、「蟹場温泉」にやって参りました。

 と、そこは小雨で霧に包まれた森の奥地。うっそうとした森林の中にウグイスの鳴声が「ホーホケキョ」と響き渡りまするよ~。で、そこは迫り来る林と垂れ込める暗雲の下、その優しい小鳥のさえずりは、まるで「大丈夫だよ~」と言っているかのよう。
0906
 さて、受付を済ませ、裏口でサンダルに履き替え、まずは外にある名物露天風呂へ。すると50mほど先、小川のそばに湯小屋があり、その脱衣所の脇に大きな露天風呂がドデーンと‥。

 で、見れば、お風呂には無色透明できれいなお湯が満たされ、注ぎ口の湯だまりでは、天女の羽衣のような白い湯ノ花が、ゆらゆらとそよいでいるのが見られました。あと、かすかに硫黄の香りもして来ますね~。うん、こりゃマンザラでもありませぬぞ~。が、混浴なので今日はやめときま~す。‥と、案の定、何処かで見ていたかのように、すぐにオジサンがやって来たんですわな~。

 次、宿に戻り内湯へ。と、館内には2ヶ所の内湯浴場があり、石造りではない木の湯船の方へ。で、こちらの無色透明できれいなお湯は、少しの硫黄の香りと木の香りがあり、白くてトロロ昆布のようなフワフワした湯ノ花が舞っておりました。そしてもちろん掛け流し。で、このさっぱりとしたお湯は他の乳頭温泉と比べると大人しい感じですが、逆に案外貴重なのかも~と。それから、んー、静かだな~。

 来る前は、かなりのひなびた秘湯の宿をイメージしておりましたが、来てみると思ったよりも近代的で‥。一応、万人向けにしてあるように思われますね~。

泉質:単純硫黄泉(硫化水素型) 低張性アルカリ性高温泉 源泉:田沢湖高原温泉 42.9℃ pH8.3 カルシウム 135, 硫化水素 3.2, 硫酸 443 (平成16年分析) 源泉掛け流し
※掲示された分析表では単純温泉と記載されていましたが、総硫黄が規定の2mg以上あるので硫黄泉と書いておきます。
蟹場温泉 - 名物の混浴露天風呂1蟹場温泉 - 名物の混浴露天風呂2
蟹場温泉 - 館内の内湯1蟹場温泉 - 館内の内湯2
宿泊は乳頭温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw