秋田の温泉、黒湯温泉


黒湯温泉 (乳頭温泉郷) Home» 秋田の温泉»
〒014-1201 秋田県仙北市田沢湖生保内字黒湯沢2-1 TEL.0187-46-2214
入浴 510円 9:00~16:00
入浴、食事、宿泊
営業期間中は無休、冬季休み
内湯(男女別各2、混浴1)、露天(男女別各1、混浴1) シャンプー・セッケンなし

 乳頭温泉の最奥部、その名も凄い、黒湯温泉にやって来ました。乳頭温泉のメイン坂道から脇道に折れると、そこからのブナ林がきれいで、まるで天国へいざなうトンネルのようなのです。その先、山中の高台の駐車場に着くと、遠くに見える山の中腹に湯煙がのぼっていて、何だか凄いぞ~。宿に向う坂を下り行くと、宿の上方に硫黄泉の湯畑が見え、また宿の屋根々々も秘湯の雰囲気バツグンでございます。
2009.06
 それらしい建物で受付を済ませ、どうしようかな~と。建物が不規則に連なる施設は、上方に混浴(内湯+露天風呂)、下方に男女別浴場(内湯+露天風呂)が設けられてあり、混浴はのぞくだけにして、下方の男女別浴場へ。

 途中、宿の中庭に大きな湯畑があり、「キケン立入り禁止」の立て札が‥。そこにはブックブックと硫黄の温泉と硫化水素が湧き出していて、誰も彼もが、その煙りに襲いかかられるのです。いや本当に、キケンを感じる一帯ですラ~。その湯畑からは下の浴場へ、木の樋で温泉が引かれておりまするね。

 さて浴場に入ると、そこはすぐに脱衣所で、そしてまた隔てる物も無くすぐに浴室になっているのです。はい、この内湯が見事なまでの青白い硫黄泉で、小さな湯ノ花も舞い、硫黄臭を嗅ぎながら、とうとうと注がれるお湯に浸かると、もう最高で、何も言うことはありませんな~。外の露天風呂では、浸かってはあがり、景色を眺め、また浸かりを繰り返しの、ひと時を‥。うーん、ええの~。ここは乳頭温泉では鶴の湯に次ぐ、第一級の硫黄泉ではないでしょうか。

 昨日から乳頭温泉の硫黄泉に浸かり、肌がツルツルになっていたせいか、お湯の肌触りが(酸性の湯なのに)スベルように感じました。

泉質:単純硫黄泉 低張性酸性高温泉 源泉:黒湯下 57.1℃ pH4.0 チオ硫酸 1.2 (平成17年分析) 加水あり
※下の浴場に分析表が掲示されてあり、単純泉と記載されてありましたが、どうみても硫黄泉なのでここでは単純硫黄泉と書いておきます。


黒湯温泉
2枚混浴、中庭、2枚男湯の順
宿泊は、乳頭温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2009-14