秋田の観光、そば屋 彦三(ひこさ)

Home» 秋田の観光» 地図
そば屋 彦三(羽後町西馬音内)
〒012-1131 秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中町51 TEL.0183-62-1520
営業時間:11:30~売り切れ次第終了、定休日:毎週水曜日(農繁期休み有り)
かき揚げそば:750円、駐車場は裏にもあるみたい



 羽後町西馬音内(にしもない)の町外れ、「かき揚げそば」が名物だと聞く蕎麦屋さん、「彦三」にやって参りました。

 カーナビのいうことを聞きながら辿り着いたお店は、ちゃんとしたそば屋さんふうの佇まいですが、生蕎麦のノボリ(わしゃ読めん、まあ長く生きているから分かるけど)が1本ある以外には何もなく、入口脇に「猪岡」の表札があるのみなのです。「あれ~、彦三という名前はどこ?、妙だな~」と思いつつ中に入り、「ここは、そば屋さんですよね~」と尋ねてみると、「はい、そば屋です」と苦笑い‥。

 通された座敷は2間ぐらいを素通しにしたような空間で、その片隅にはなんと、仏壇ありや~。何の因果かその仏壇の前に座ることになってしまい、拝もうか、拝むまいかと悩んでみることに‥。ご先祖様の遺影写真も堂々と並んでいるんでございます。

 一旦それらのことは忘れ去りましょう。‥と、たくさん種類が並ぶメニューを覗き込めば、名物の”かき揚げそば”は中程にこっそりと~。熱い・冷たいがあるうち冷たい方を選び、特盛り・大盛り・普通のなかから普通を選択致します。

 出て来た”かき揚げそば”は、器いっぱいに緑色の”かき揚げ”の円盤フタがしてあり、そのフタを持ち上げれば、中は一見普通の冷たい蕎麦なのです。まず「かき揚げ」をほうばってみれば、お~、メインの春菊の香りが鼻まで通りぬけるぞな~。そして所々にある小エビが彩りを添えておりまする。いや、何でしょう、まんざら悪くはありません。

 下の濃い色のつゆに浸かった蕎麦をすすってみると、それは少し色付いた生地に茶色の点々が少々ある麺で、これが弾力があって、なかなかおいしゅうございまする。何でしょう、今までに食した事がないような、個性的な蕎麦なのであります。はい、西馬音内に”名物そば”ありです。よろしければ、一度お試しあれ。
2015.07

メモ)
 全国的にも有名な西馬音内盆踊りには、彦三頭巾という黒い布をかぶって踊る踊り子がいるんだそうで‥。それはなぜか未成年女子が務めるんだとか。なんだかミステリー‥。

宿泊は、羽後町のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2015