青森の温泉、花岡荘


花岡荘(青森市国民保養センター) Home» 青森の温泉»
〒038-1331 青森県青森市浪岡大字女鹿沢字野尻14-1 TEL.0172-62-3023
入浴 250円 7:00~21:00
入浴、休憩(大広間420円~)
休館日:第3水曜日、年始及びお盆
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケン無し


※平成27年春まで休業(建替えのため)

 青森は浪岡町にある花岡公園、そこはキャンプ場から梅園からスキー場まである大きな複合施設だそうで‥、でもそんなことはツユとも知らず「あ、温泉見つけた!」と、適当にこの「花岡荘」にやって来たのです。
 いつのまにか青森市に編入されていた浪岡の地を行くと、道のアチコチにたわわに実ったリンゴの木があり、まるで花が咲いたかのように輝いていて‥。他県ですと民家の庭先に放ったらかしてあるのは柿の木ですが、青森ではそれがリンゴの木。それがまた見事なんですのよ。
2010.10
 受付を済ませ、結構古くなった鉄筋コンクリート造りの建物を奥に進みますと、そこいらに広間やら休憩室やらが続き、そのずう~っと奥に浴場がある感じです。

 はい、脱衣所から浴室に入ってみて驚き!。こそはプ~ンとビニール系アブラ臭が漂い、変形の湯船にはドドーッと轟音を立てながら茶褐色のお湯が注がれ、ザザーッとオーバーフローする湯の音が、反対側の湯船の縁から聞こえてくるのです。うぉー、なんだか凄いぞ~。お湯に浸かってみると、ヌルヌルする肌触りで、流れる温泉に鮮度もよろし、とっても気持ちようございます。んー、これは素晴らしい。久しぶりに身も心も洗われる温泉に浸かれた気がしますね。

 また床を流れ行くお湯の量が半端じゃなく、それにともなってか室内には熱気が満ち、人々の汗が止まらず、長く居ると体力を奪われそうなのです。あと、カランも温泉。ぬぁ~、うだうだしてなんかいられない、戦闘モード・オンの温泉だすな。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:花岡源泉 47.3℃ pH8.3 ナトリウム 2160, 塩素 3379, 硫酸 184, 炭酸水素 124, メタケイ酸 167(分析日:平成17年)

宿泊は、青森ホテル一覧

©東北な温泉 2010-14