青森の温泉、広田温泉


広田温泉(五所川原) Home» 青森の温泉»
〒037-0023 青森県五所川原市大字広田字下り松111-1 TEL.0173-34-6385
入浴 320円 6:00~22:00
入浴のみ
無休
男女別(デカ内湯1、水風呂1)、家族風呂(別棟)
シャンプー・セッケンなし
 シャワートイレ

 五所川原市街の南外れ、駅前でもないのに駅前広場のような広い敷地と共にある「広田温泉」にやって来ました。お昼を過ぎたばかりの頃、駐車場の車の数から、既にお客さんがチラホラといる様子。「温泉好きが多いな~」とつぶやきながら突進すると、玄関前でK自動車のオジイチャンに追突されそうになり(意味不明かも知れませんが)わたしも青森のオジイチャンも頑固であることが判明‥。
2011.10
 「え、なんでこんなに広いの~」と思える玄関ホールにて受付を済ませ、浴場へ。そこは脱衣所の全面の透明ガラス戸から浴室が素通しに見える、明瞭セキュリティーシステム。見ると大きなお風呂にザザザーッとお湯が注がれ、四方からドドドドーッと大量にオーバーフローしています。うぉー、これはホントーに、凄いデス。

 はやる気持ちを抑えつつ服を脱ぎ、掛け湯をバシャバシャッとかぶって、お湯に飛び込んでみますと、それは褐色に色付く透明のお湯で、肌触りがツルツルとし、注ぎ口ではかすかにビニール臭がしますが、全体では匂いの無いキレイな温泉です。いや~、このデッカイ湯船に、ゴージャスな湯量、響き渡る水音‥、もう何も言う事はありませぬな~。

 そんな温泉に恍惚となりながら浸かっていると、突然背後から、激しい水音が聞こえ‥、振り返るとオジイチャンが打たせ湯をしているところなのです。いや~、その勢いのすごいこと。まるで消防自動車が放水するくらいの水勢で、素人には真似のできない、とても信じられない勢いの打たせ湯なんですのよ。‥気がつくと、口をアングリと開けて見ていた自分がいたんですわな。

 あと、奥の壁下にもう一つ湯船があり、別のオジイチャンが普通の顔としぐさで浸かっていたので、自分もと‥。はい、これが水で。‥サウナも無いのに。足を湯船に一歩踏み出して、固まった彫刻。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:広田温泉 43.9℃ pH7.8 動力揚湯 ナトリウム 1623, 塩素 2398, 炭酸水素 350, メタケイ酸 154(分析日:平成21年)

宿泊は、五所川原市ホテル一覧

©東北な温泉 2011-14