東北な温泉 青森の温泉

八戸シーガルビューホテル

、突進レポ

八戸シーガルビューホテル

八戸シーガルビューホテル - 施設の外観八戸シーガルビューホテル - 客室内
八戸シーガルビューホテル - 客室からの景色1八戸シーガルビューホテル - 客室からの景色2
〒031-0841 青森県八戸市大字鮫町字小舟渡平9-19 TEL.0178-33-3636

入浴 500円
入浴、食事、宿泊
男女別(内湯1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

シャワートイレ

 8月、太平洋に突き出た種差海岸の北の崎、そのなだらかな丘の上の住宅街の路地をクネクネ巡ると、その鮫角灯台の手前にある施設、「八戸シーガルビューホテル」にやって参りました。

 で、湯上り後の夕方、ホテルの窓から外を眺めますと、左手奥に八戸港の眺望があり、その港へ往来する船々が、明るいうちにと急(せ)くように目の前を通り過ぎ‥。ふと気が付くと、左手方向には今、太陽が沈まんとしているところ(実は北を向いていた)。して、手に持つ缶ビールをグイッと傾ければ、自分も眠りの底に沈んでしまいそう‥。
1208(宿泊)
 もとい、着いてすぐ、部屋にて荷をおろし、浴場へ。

 と、温泉だと勘違いしていたお風呂は、ヘルストン温泉と昆布のお風呂らしく‥。で、先客の2人は外来のお客さんのようで、この人口温泉でもこの鮫町辺りでは貴重な浴場になっているのだな~と。そしてとりあえず、初めて聞く、パンフレットにも載せてある名物昆布風呂にドボン‥。お、それは早い話が梅コブ茶、そんな香りが漂っておりまするな~。

泉質:人口温泉(白湯、ヘルストン温泉、昆布風呂)

(何のプランだったか憶えてないっす)
 それで、夕食はどれもおいしく、特にステーキ風の牛肉(短角牛の石焼)が絶品で、その脂のおいしいこと~。あとは、イカの塩辛、海鮮五色丼もよろしです。また特筆すべきは、ウニを底に沈め、ムール貝を上に乗せた、ちょっと微妙な味の茶碗蒸し。いや、チャレンジングな一品ですな~。

 実は「イカは6~8月が身が薄くて旨い」と漁師さんが語っていたのを思い出し、ここの朝食に「イカ刺し」が出るのを知り、わざわざここに‥。しかも食べ放題とか書いてあったはず~。が、出てきた朝食を見て「えっ」、そこにはすまし顔のイカ刺しがちょこっと控えており‥。まあそれでも、夕べ旨いと思った「イカの塩辛」も再出現で、全体的には満足致しました。

 それと、翌朝の窓の外、夏の三陸ではよく見られる霧がかかり、海が見えなくなっておりましてね~。まあ、それはそれでオツなもんですけど‥。
八戸シーガルビューホテル - 内湯八戸シーガルビューホテル - 夕食1
八戸シーガルビューホテル - 夕食2八戸シーガルビューホテル - 朝食
宿泊は八戸ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw