青森の観光、イギリストースト
Home» 青森の観光»
イギリストースト(工藤パン)
〒030-0853 青森県青森市金沢3丁目22番地1号 本社・本社工場
価格 129円、消費期限 2日後でした。



 このサイトを立ち上げた2000年代の初め、青森の津軽地方から日本海側へ向けて車を走らせていると、「工藤パン」の電柱広告が、行けども行けども、どこまで行っても貼り付けてあったのです。

 「そんなに言って何になるんだ~」と思いつつ車を飛ばしていたものの、ついに耐えられなくなって、そこにあったスーパーへ突進してしまいましてね~。んー、その電柱広告、効果あったみたい‥。して、適当に買ったアンパンとかを食べてみたところ、「うん?、普通~」と思ったものでした。

 その後何年かして、青森のイチ押しパンは「工藤パンのイギリストースト」だと聞き、へ~、そうなのかと‥。そして、うん?、ちょっと待てよ~、これ何回か食べたことがあるぞ~と。そうなんです、仙台のスーパーでも売られていたんでございましたのよ、これが~。というわけで、また買ってきて食べてみたんですわな~。

 このイギリストーストは簡単に言うと、2枚の食パンの間にマーガリンが挟んであり、そのマーガリンには(青森では赤飯にも入れる)砂糖をまぶしてあるもの。

 で、匂いを嗅いでみたら、おう、食パンとマーガリンの匂いがしますぞ。食べてみれば、おや、シャリシャリの砂糖の食感があり、マーガリン風味のクリームと塩味がコラボし、ふむ、これが何だかおいしゅうござりまするよ。最初、ちょっと「どうでもいい」感があったものの、次第に食欲中枢がどよめき、むさぼり付くように襲いかかったのでありました。

 して、あのシャリシャリ砂糖が味にコクを与えており、その甘さがこのパンのチャームポイント、ミソなんでありまするな~。
2017.05

p.s.
 何年かして、あの看板の道を通ったものの、あの広告看板はすっかりなくなっておりました。本社工場の「工藤パン」の看板が「KUDOPAN」になっていたので、もしかしてロゴを変えたのですかね~。あと、業務提携でもしたものか、ヤマザキでもこれに似た「イギリスパンサンド」なるものを出しているようなんですね~。

宿泊は、青森のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2017