東北な温泉

あづま温泉


あづま温泉

(福島市)
Home > 福島の温泉 >
吾妻山施設の外観
入口にあったそば道場施設からの景色
〒960-2158 福島県福島市佐原字竹ノ森20 TEL.024-593-1009

入浴 350円
入浴、休憩(小広間無料、バンガロー)
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー・セッケンなし

 福島市街から西の吾妻山へ向って、なだらかな坂道を上り、吾妻総合運動場の裏辺りの山の中腹にある「あづま温泉」にやって来ました。と、そこには想像以上にだだっ広い駐車場があり、入り口には”そば道場”、ず~っと奥には入浴施設が、それぞれ控えめにたたずんでいるのでした。と、車から降りて伸びをしてみると、眼下には福島の街が一望、お、こりゃいいぞ~。
2012.11
 で、その駐車場の端っこにある共同浴場風の小さな建物に入りますと、そこには浴場では珍しく、若い男女の店員さんが番をしております。して、その元気な「いらっしゃいませ~」の声にちょっとたじろぎながら、発券システムにて受付を済ませ、浴場へ向かいましたのよ。

 すると浴室は受付のすぐ裏にあり、そこには中くらいの広さの内湯が設けられ、素通し窓の外に、これまた中くらいの露天風呂が横たわっておりまして‥。あと、露天風呂の周りには湯が冷めないようにか、風よけの板が張られ、後の冬の厳しさをうかがわせておりましてね~。

 さて、お湯に浸かってみると、それは幾分ぬるめの温度になっており‥、と、あれ~、一旦ガーゼでも通して取り除きたいようなホコリにも似た湯ノ花も舞っておりますな~。またそれは、若干の温泉の匂いを放ち、炭酸水素が多しのヌルヌルの肌触りで、湯量はそれほど多くはありませんが、ちゃんと掛け流しになっておりまする。して湯上り後、体がポカポカと保温性があり、ぬるめのお湯だったのに塩化物泉の効能ありだな~と‥。

 あ、そうそう、露天風呂からも眺望よろしで、この分だと夜景が絶景なのじゃないですかな~。‥関係無いですが、高校時代にアズマと言う名前なんだけど、オズマとアダ名されていた同級生、今、どうしているかな~。

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉 低張性中性高温泉 源泉:あづま温泉 71.8℃ pH7.4 113L/min 動力揚湯 ナトリウム 584, 塩素 276, 炭酸水素 1136(平成17年分析) 炭酸水素の量が突出
内湯露天風呂
宿泊は福島ホテル一覧
©東北な温泉 2012-18rw