東北な温泉 福島の温泉

天王寺穴原湯

、突進レポ

天王寺穴原湯

(穴原温泉)
天王寺穴原湯 - 施設の外観1天王寺穴原湯 - 施設の外観2
天王寺穴原湯 - 休憩所天王寺穴原湯 - 施設脇のリンゴ畑
〒960-0211 福島県福島市飯坂町湯野字湯尻25-5 TEL.024-542-4241

入浴 200円
入浴、休憩所(無料、2時間目安)
トイレ・駐車場あり
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンなし

 11月、飯坂温泉の奥の穴原温泉街の外れ、リンゴ畑に囲まれた日当たりの良い土手ふちにある共同浴場、「天王寺穴原湯」にやって参りました。いやほんと、脇の畑の赤いリンゴがおいしそうなこと~。‥などと思い、横目で見ながら裏手にある入口から突入しましたのよ~。
1211
 さて、券売機システムにて受付を済ませ、浴場へ。すると、あれ~、浴室では窓側の小さな湯船を囲むように車座になったオジサン達がずらり、何やら手ぐすねをひいて待っているかのよう。そこへやって来た哀れなオヤジ(私)、掛け湯をしたのはいいですが、あまりの熱さに「あちちっち~」。すかさずオジサン達「お~、うめていいぞ~、遠慮すんな~」。

 それでもワタクシ「いや~、少しして慣れれば大丈夫ですよ~」と、意固地になってそのまま両足を突っ込む羽目に‥。と、次の瞬間、あの出川さん(テレビタレント)状態でモンドリ打って風呂から飛び出し、両足を真っ赤にした上、精悍な二枚目(ウソ2つ)の顔に赤っ恥‥。という、ひと騒動で皆さんの嘲笑を頂戴いたした次第なのでございます。凹~。

 その後、素直に水をうめてもらい、蛇口の直下、ここへ入れとピンポイントで指定された所へ、借りてきたネコのようにおとなしく浸かったのでありました。なので写真も、脱衣所の陰からこっそり、ネコの視線で一枚、パチリと‥。

 お湯は無色透明で、かすかに温泉と石鹸(誰だ~)の匂いがし、加水が多いせいか弱アルカリ性のお湯も、中性の肌触りになっているよう。

 あとは、四角い湯船がかなり深く、また意外に立派なライオンの注ぎ口が取り付けられており‥。して脱衣所には、町外からの客人を気遣い「適温(43℃)にしてあげて‥」と書かれていたそうなんですが、うそ、それって熱いべ~と。で、どうやら温度計が付けられているらしく、女湯ではなんと47.7℃もあったそう。う~、もうイヤになりました。でもまた来たいです、もちろん笑う方の役で‥。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:富士屋源泉 60.0℃ pH8.4 ナトリウム 243, 塩素 117, 硫酸 371(平成18年分析)
天王寺穴原湯 - 脱衣所から見た内湯天王寺穴原湯 - 内湯
宿泊は穴原温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw