ホーム 岩手の温泉

道の駅・雫石あねっこ

、突進レポ

新橋場温泉

(道の駅・雫石あねっこ)
新橋場温泉 - 施設の外観新橋場温泉 - 館内
新橋場温泉 - 館内・岩谷堂箪笥新橋場温泉 - 広間
〒020-0582 岩手県岩手郡雫石町橋場坂本118-10 TEL.019-692-5577

入浴 510円(町民割引あり)
入浴、休憩(広間無料)、食事
男女別(内湯1、露天1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 6月、盛岡から西へ向かって秋田街道(R46)を行くと、県境の仙岩峠の手前にある道の駅の湯、「雫石あねっこ・新橋場温泉(しんはしばおんせん)」にやって来ました。して平日のお昼時間が終わった頃、道の駅はもう人がまばらになっているだろうと思いきや、意外に車が多くて、山中の一本道にはとっても貴重な休憩所なんですな~と考えを新たに‥。

 さて、最奥部の浴場へ向かいますと、そこはさながら大きな日帰り温泉施設。と、その広々とした玄関フロアには岩谷堂箪笥が並べられ、どうやら入札もできる模様なのです。‥んー、最低価格22万円とな~。
1406
 さて、受付を済ませ、奥の浴場へ。と、その脱衣所にはご近所さんと思しきお爺ちゃんが、モサクサしながら服を脱いだり着たりしており、浴室にも似たようなお爺ちゃんがわんさか‥。おや、時折(昔風表現で)トッポイおじさんもスタスタとやって来ます。‥んとそれは、トラック運転手なのか、バイクの人なのか‥。

 で、その広々とした浴室には大きな内湯があり、少し白っぽくて微妙に緑がかったお湯が、ちゃんと程々に掛け流されており‥。して浸かってみると塩素臭と温泉の匂いが交差し、肌をこするとヌルンヌルンするアルカリ性で炭酸水素の多い温泉ですね~。まあそこそこ、マンザラ悪くはありませぬ~。

 その後、露天風呂の方にも行ってはみたものの、何だか今日はやめときま~す。そうですね、内湯など、お風呂からお湯を端の切込みからじゃなくて全面オーバーフローさせないと、なんだか汚れが流れ出ないようで、ちょっと残念にも‥。そう、お客さんも多いし、少し工夫が必要だと思われますね~。‥特に女湯が厳しかったそうなので。

 でもまあ、これで510円なら、そりゃご近所さんがたくさん来ますわな~。しかも、町民割引ありだし~(-100円)。

泉質:単純温泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:新橋場温泉(新はしばの湯) 46.3℃ pH8.6 ナトリウム 203, 炭酸水素 381, メタケイ酸 157, ラドン 2.97CI(平成13年分析)
新橋場温泉 - 内湯新橋場温泉 - 内湯の少し白っぽくて微妙に緑がかったお湯
新橋場温泉 - 露天風呂
宿泊は雫石ホテル一覧
©東北な温泉 , 18rw , 最終更新日:2019/11/06