岩手の温泉、願叶乃湯


イチノセキ温泉・願叶乃湯 Home» 岩手の温泉»

〒029-0131 岩手県一関市狐禅寺字石ノ瀬55-1 TEL.0191-34-4126

入浴 10:00~22:00 600円/2H、800円/4H
低温サウナ(岩盤浴)は別途
入浴、休憩
定休日:第2木曜日
男女別(内湯1、露天1、低温サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 一関駅の北東、イオンスーパーセンター等が建ち並ぶショッピングゾーンの一角に「願叶乃湯(がんがのゆ)」という日帰り温泉が、いつの間にか湧いていたので、喜んで突進してみましたのよ。最初、でっかいイオンスーパーの敷地内にあるように見えたのですが、来てみるとちゃんと敷地が分かれておりまして。まあでもイオンからも来られるようになっておりましたよ。
 中に入ると、どこもかしこもピカピカで「よくいらっしゃいました」という感じ。(勝手に)歓迎された気分になり、気持ち良く過ごせましたです。
2010.01
 中に入ると受付フロアの隣には、一見食堂のように見える小休憩所があり、小さな座敷席と椅子のテーブル席が並んでおります。「うん!、これは食堂じゃないの?」と首をかしげ、でも休憩所なのじゃな~と思いつつ、奥の浴場へ。すると廊下の先には浴場とサウナ(岩盤浴)が別々にあり、お風呂料金しか払っていない私は、当然お風呂の方に進みます。

 さて、浴室には大きくて長い内湯があり、お湯は循環装置により撹拌(かくはん)され、流れのあるお風呂になっておりますね。一応、窓側からお湯がチャップチャップと少しずつオーバーフローしていましたが、まあ湯温が低く、沸かし湯なので、完全な放流式ではないと思われます。

 浸かってみますと、お湯は水流由来の気泡が多いせいか、白く濁って見え、肌をこするとヌルヌルする感触です。匂いは大地の匂いと薬の匂いが交差し、それでも源泉温度の低さからすれば上等な方であり、まあ程よく温泉を感じるお風呂でありますね~。外にある露天風呂に向かってみましたら、こちらは内湯とは違い、静かに流れるお湯で、無色透明で塩素臭ありのお湯。ザブーンと浸かるとサーッとオーバーフローし、「まあまあ良し」と思いながら浸かりましたのよ。

 湯上り後、女湯に入ったMGに聞くと、オーバーフローも無く、どうもお気に召さなかったようでございました。(ハードルを低くして訪れ予想以上だった)私とは、満足度が正反対のようでございましてね~。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性低温泉 源泉:願叶の湯 27.0℃ pH8.9 ラドン 5.86Ci ナトリウム 369, 塩素 473, 炭酸水素 172 (平成14年分析)

宿泊は、一関ホテル一覧

©東北な温泉 2010-17rw