岩手の温泉、山桜・桃の湯


山桜・桃の湯(一関市) Home» 岩手の温泉»
〒021-0041 岩手県一関市赤萩字笹谷393-6 TEL.0191-33-1118
入浴 9:00~23:00 680円/2H、他:1680円(タオルセット、館内着)
入浴、休憩、岩盤浴、食事、宿泊 / 休み:不明
男女別(内湯3、露天4、サウナ1)、岩盤浴
シャンプー・セッケンあり
 2008年オープン

 一関市内の北西、東北道の一関トンネルの真上あたりの小高い山にある、「山桜・桃の湯」にやって来ました。広い敷地に背の低い大きな建物。ちょっと工場的雰囲気も醸しだす、まだピッカピカの施設なんですわな。午後3時頃に来てみると、ちょうど歌謡ショー(無料)をやっているところで、館内にはカラオケっぽい演歌が響き渡っておりました。
2009.02
 受付を済ませ、同階にある浴場へ。そこには内湯3槽と、外に4槽の露天風呂があり、内湯の一つが超微細粒の湯(シルク風呂)で初体験。浸かってみると、肌触りがツブツブの気泡を感じる白色のお湯で、炭酸泉をイメージして入れるお風呂だと思いますね。あと露天風呂の一つが石をくり抜いた湯船で、なかなか雰囲気のある豪気なお風呂でございました。

 お湯は源泉掛け流しのようで、色々混ざったような湯ノ花が結構多く舞い、かすかに濁り色が付いています。そうですね、土系の匂いもある気配の、中性~弱アルカリ性の肌触りのお湯であります。加水も加温もしていないという本格的な温泉であり、露天風呂もちょっと熱めで気持ち良く、一関の中では温泉らしい温泉だと思います。

 一日中いてもよいと思わせる温泉施設ですが、この辺の温泉としては、若干、料金体系に違和感を感じるところも、なくはないです。

 ちなみに、廊下でつながった別館にレストランがあり、またその地下には米沢ラーメンの食堂と休憩所(広間)がありました。玄関フロア近くで、にぎやかに歌謡ショーを催している所も、休憩所のようですね。

泉質:ナトリウム・塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:笹屋ちびぞう源泉 54.4℃ pH7.7 250L/M 掘削動力 ラドン 1.88Ci ナトリウム 2038, カルシウム 142, 塩素 3348 (平成19年9月分析)


宿泊は、一関市ホテル一覧

©東北な温泉 2009-14