東北な温泉
瀬美温泉、突進レポ

瀬美温泉

(北上市)
瀬美温泉 - 奥羽山脈瀬美温泉 - 施設の外観1
瀬美温泉 - 施設の外観2瀬美温泉 - 館内
〒024-0322 岩手県北上市和賀町岩崎新田1-128-2 TEL.0197-73-7294

入浴 600円
入浴、食事、宿泊
男女別(内湯3、露天1)、混浴露天1、貸切風呂2
シャンプー・セッケンあり

 奥羽山脈のふもとから幾分山中に分け入ると、夏油川のほとりに少しだけ切り開かれた空間が現れ、そこに誰にも邪魔されずにひっそりと建つ、「瀬美温泉」にやって参りました。‥名称が、瀬見温泉(山形)とやっかいに似かよっており、わたくしのようなオッチョコチョイなんぞは、ついついこんがらがってしまうのです。
 
 中に入り受付を済ませると、浴場は奥の、そのまた奥、まあだいたい長く続く建物の最奥部にある感じでありますね~。して3ヶ所ある浴場は「名物の混浴露天風呂(冬季閉鎖)」「打たせ湯のある内湯」、それから「最奥にある内湯+露天風呂」とに分かれてありまして‥。

 まあ最初は自然に、最奥部の露天風呂付き浴場へ。と、おやっ、優しそうなおじいちゃんが一人、内湯の縁で休みながらの入浴中‥。で、とりあえず露天風呂へ行こうと、内湯の縁へ一歩踏み出すと(そうゆう構造なのっしゃ)、その瞬間に足元がツルッとすべって危うくスッテンコロリン。「う゛ぉ!」と短い奇声を発し、軽く苦笑いを浮かべながら、おじいちゃんとは目を合わさず、外へ逃走‥。

 と、そこには雪解け水がゴーッと激しい夏油川。そして、何故か湯船だけが真っ黒で、少し異様に見えてしまう露天風呂が待ち構えていたのでございます。

 してお風呂に浸かってみると、それは無色透明で、ほぼ匂いもない、アルカリ性のヌルヌルする感触のお湯。で、掛け流しのお湯は鮮度も良く、とてもきれいで、春のそよ風を浴び、川の音を聞きながら浸かりますと、本当に極楽を感じるのです。とまあ、来る前は「どうでもよい」みたいな心持ちでしたが、来てみるとこれが素晴らしい。いや~、温泉って、良いものですね~、ほんと‥。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:瀬美温泉(夢の湯) 42.5℃ pH8.8 ナトリウム 100, 炭酸水素 148, メタケイ酸 163, ラドン 4.10CI(平成23年分析)
※カルシウムの少ない軟水の温泉(石鹸の泡立ち良いのでは)、ヒ素が多いので飲泉には不向き。他にもう2つ源泉あり。
瀬美温泉 - 最奥にある内湯瀬美温泉 - 露天風呂から見える夏油川瀬美温泉 - 露天風呂
瀬美温泉 - 打たせ湯のある内湯
瀬美温泉 - 混浴露天風呂の内湯瀬美温泉 - 混浴露天風呂
宿泊は北上市ホテル一覧
©東北な温泉 , 18rw