鳴子温泉、旅館弁天閣


旅館弁天閣(鳴子温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉字車湯87 TEL.0229-83-2461

入浴 11:00~15:00 500円
(貸切露天風呂は別途1000円)
入浴、宿泊 / 無休
男女別(内湯1)、貸切露天風呂2
シャンプー、セッケンあり

 よく晴れた冬の日、鳴子温泉の入口そばにあり、何となく見過ごしてしまいがちな宿、「弁天閣」にやって来ました。中に入り入浴をお願いすると、「内風呂ですか?」と問われ、何も考えていなかったもので、不意を突かれ思わず「はい」と‥。後で知ったのですが、露天風呂が貸切で別料金になっているようなのですね。
2011.02
 建物は西館と東館とからなり、意外と大きく、中は複雑な構造で繋がっている模様です。

 女将さんの案内に従い、4階の内湯に向かってみますと、浴室のドアを開けたとたんにプワ~ンとアブラ臭が漂って参りました。見ると、まぶしい大きな窓の下に、長くて大きな湯船が、なみなみとお湯をたたえ横たわっております。桶で何回も掛け湯をし、気が済んだ頃にドボン。お湯はほんの少し黄色く色付いた、ヌルヌルする肌触りのもので、トロトロとした音を響かせながら注ぎ、掛け流されていました。鳴子にしては大人しいお湯なんですが、本物なんですよね。

 誰もいない鳴子の湯、一人で浸かると、何か寂しいような、はかないような‥。窓の外の冬枯れの山々も冬眠状態、何か物悲しく感じまするな。

 帰り、なんとか見るだけでもできないかと向かった3Fの露天風呂。ドアを開けると、ありゃ、そこは平地の地面。そしてその向こうに離れ的にある湯小屋。ドアに手を伸ばすも鍵がかかり、かたくなにこの無法者を拒み続けるのでございました。

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:弁天1号泉・弁天新源泉 混合泉 80.8℃ pH7.9 ナトリウム 422, 塩素 110, 硫酸 152, 炭酸水素 760, メタケイ酸 219 (分析:平成21年)


宿泊は、鳴子温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2011-14