鳴子温泉、三之亟湯(さんのじょうゆ)


旅館三之亟湯(中山平温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6832 宮城県大崎市鳴子温泉字星沼77-53 TEL.0229-87-2120
入浴 500円 11:00~20:00
入浴、宿泊
年中無休
男女別(内湯1)
シャンプー、セッケンあり
、洗浄器付きトイレ

 中山平温泉駅のすぐ裏、小さな住宅街の静かな路地にある、「三之亟湯」にやって来ました。ここは本当に駅の真裏に隣接するように建てられており、旅館に着いて間もなく、列車が止まるブレーキの音が「キキキーキー」と(のんびり)聞こえてきたのです。
 五月晴れの穏やかな日、少し離れた駐車場から路地を歩いて行くと、なんだか太陽がまぶしいこと~。余談ですが、目が大きい人は、もっとまぶしいんですかねぇ。‥欧米人がサングラスかけるのは、そのせい?。
2010.05
 さて、館内に入り受付を済ませると、案内された浴場は玄関からすぐ奥の所にあり、それは予想以上に小ぢんまりとした男女別の浴場に分かれておりました。

 浴室の大きな四角い窓からは、とってもキレイな坪庭が見え、その下にイビツな四辺形の小ぢんまりとした湯船があり、トロトロと無色透明のお湯が注がれています。お風呂は湯船の縁の一部に切り込みがあり、そこからお湯がオーバーフローする仕組みですが、お風呂にザブーンと浸かると、全面からお湯が音もなく大理石の床に流れ出し、見た目の感覚で「サーッ」という音が聞こえてくるようでした。

 お湯は炭酸水素とアルカリ性のダブルのヌルヌル成分で、オイルを塗ったようにツルンツルンとした肌触りです。また匂いもない、飲みたくなるようなキレイなお湯でございました。

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:今野源泉 63.6℃ pH8.4 ナトリウム 396, 炭酸水素 988 分析:平成20年

宿泊は、中山平温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2010-14