東北な温泉 鳴子温泉

とどろき旅館

、突進レポ

とどろき旅館

(鬼首温泉)
とどろき旅館 - 近くの禿山とどろき旅館 - 施設の外観1
とどろき旅館 - 施設の外観2とどろき旅館 - 長い廊下
〒989-6941 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字轟1番地 TEL.0229-86-2311

入浴 500円
入浴、宿泊
男女別(小内湯1)、混浴露天風呂1、貸切露天風呂1/無料
シャンプー・石鹸あり

 3月、鬼首温泉の入り口付近にある施設、「とどろき旅館」へ、やっとやって来ました。と、ここは混浴露天風呂がメインだというので、何かと面倒だな~と思い込み、なかなか足が向きませんでして‥。が、よく調べてみれば、露天風呂2つに内湯もある構成で、悪くないじゃな~いと見直し、突進することに致しましてね~。

 んーと、いつも感激してしまいますが、来る途中に急に現れる真っ白な禿岳(かむろだけ)が、とってもキレイで「はっ」とし‥。それと、冬季の鬼首は閑散として寂しい感じが致しまするのよ~。
1903
 さて、館内に入ると自動でチャイムが鳴り、そこへササッとお兄さんが出て参りまして受付完了、奥の浴場へと向かいます。

 で、誰もいないので取り敢えず一通り浴場を拝見致しましたら、これがどうも案外良さそうなお風呂達ばかり。まあ、欲張るのも何なんでその中の一つ、無人で気兼ねない混浴露天風呂へ、堂々と大股で向かいます。

 するとそこは、お風呂の入口が男女別に分かれ、また脱衣所からお風呂への導入部も、いちおうスカスカの塀(*1)と大きな岩で何となく仕切られていて、その先のお風呂が繋がっているというアレ。して、お風呂は大きくて、端の方ではぬるくなっているだろうと思うも、ちゃんと全体が程良い温度で。それは注ぎ口が1つでも、オーバーフロー部分が扇状に分散され、四方にお湯が流れる仕組みになっているからだと‥。

 そして、そのオーバーフローしたお湯は、石と石の間を線のように流れ、床の殆どを濡らさないという優れもの。こりゃ素晴らしや、パチパチ。

 それから浸かってみると、お湯は無色透明で匂いはなく、分析表の弱アルカリ性の肌触りよりもヌルヌルしており‥。んー、たぶんそれは、気泡も多いせいかな~と。

 そしてしばし、ツツジ系の植栽のある岩場からポコポコと注ぐ水音に心和ませ、ゆるやかな風に吹かれ、一人湯の中にゆらりゆらり‥。は~、とってもようござんす。んと、年をとってきたら、ゴチャゴチャしたのが面倒になったのか、このサッパリした単純温泉を好むようになってきましてね~。

*1)
 男性思考だとスカスカで良いのでしょうが、デリカシーのある女性思考だと、スカスカはイヤってなことになるらしく‥。なのでちゃんとした塀にすれば、年に2~3人は女性客が増えるのかな~と、ちょっと妄想したんす。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:新とどろき3号 80.8℃ pH7.8 ナトリウム 189, 塩素 252, メタケイ酸 205(分析:平成20年)キレイな軟水の温泉、これで頭洗いたい‥
とどろき旅館 - 内湯1とどろき旅館 - 内湯2
とどろき旅館 - 貸し切り露天風呂とどろき旅館 - 混浴露天風呂
とどろき旅館 - 混浴露天風呂2とどろき旅館 - 混浴露天風呂3
宿泊は鬼首温泉ホテル一覧
©東北な温泉