東北な温泉 宮城の温泉

ホテル絶景の館

、突進レポ

ホテル絶景の館

(松島温泉)
ホテル絶景の館 - 施設の外観ホテル絶景の館 - 施設周辺の景色
ホテル絶景の館 - 館内ホテル絶景の館 - 館内に飾られた珊瑚
〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字東浜4-6 TEL.022-354-3851

入浴 1000円(タオル持参で800円)
入浴、宿泊
男女別(内湯1、露天風呂1)
シャンプー・セッケンあり


※2014.11 日帰り入浴開始

 11月、松島海岸の海沿い、あの赤い福浦橋のたもとの小高い丘の上に建つ宿、「ホテル絶景の館」にやって来ました。ここはまた裏通りの裏にある感じで、通常は誰も来ないような所。交通的には裏通りの奥だけれども、松島の絶景が見える一等地なんですのよ。

 駐車場入り口からは眼下にあの「かき小屋」が見え、そこにはお客さんがワンサカ~。して、ホテルに向かいますれば、ちゃんと「日帰り入浴」のノボリが立てられており、よ~し、入れるぞ~とな~。
1411
 中に入り受付を済ませ、奥の階段の下にある浴場へ。と、ドアを開けて目に飛び込んだ光景にオドロキ・モモの木・サンショの木。その浴室の窓を通して、うっすらとあの朱塗りの福浦橋が映り、なんだか雅な感ありなんでございます。おう、こりゃなかなかよごさんす。そこには窓の内側に細長の内湯が設けられ、脇のドアの外に四角い露天風呂がほどほどの大きさにて横たわり‥。ほほう、なるほど、これぞ絶景の館~。

 それから内湯に浸かってみると、無色透明のお湯は塩素臭が遠慮なく漂い、肌をこするとツルンツルンとすべる、アルカリ性のやさしいお湯なんであります。いや、単純泉なので、温泉らしくないかと思いきや、このヌルヌル度が強力で、ちゃんと温泉らしさを感じさせるもの。まあ、体に気泡が付く分、入りたてが一番ヌルヌルなんですけどね~。

 内湯はオーバーフローではないですが、露天風呂は(放流式かどうかは別にして)オーバーフローしており、なかなかよろしです。そうですね、まだお客さんが少ない今日は、お湯の鮮度も良く、まんざら悪くはありませぬ。視界に入る眼下の福浦橋‥。それが、歩いてくるお二人連れさんが案外多く、ちょっと気が引けまするな~、ここで仁王立ちするには‥。

泉質:単純温泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:松島温泉1号泉(海風土の源泉) 52.5℃ pH8.6 638L/M 動力揚湯 ナトリウム 242, 炭酸水素 300(分析:平成20年)
ホテル絶景の館 - 内湯1ホテル絶景の館 - 内湯2
ホテル絶景の館 - 露天風呂ホテル絶景の館 - 露天風呂からの景色
宿泊は松島ホテル一覧
©東北な温泉 , 17rw