仙台の温泉、秋保佐勘


ホテル佐勘(秋保温泉) Home» 仙台の温泉»
ホテル佐勘ホテル佐勘 〒982-0241 仙台市太白区秋保町湯元字薬師28 TEL.022-398-2233
入浴 11:00~15:00(休日14:30) 1200円
入浴、食事、個室プラン、宿泊 / 不定休
1F大浴場(内湯1) /地下1F大浴場(内湯1、露天1)
飛天館地下3F(男女別内湯2、サウナ、男性露天)
シャンプー、セッケンあり(地下1F大浴場)

※2013.01 プランのみに‥、2,160円~

 秋保温泉の元祖、「ホテル佐勘」へ、やっと来ることができました。’やっと’って?、フトコロ事情とか、いろいろありますがな~。
 ホテルの先にある第一駐車場に入ると、どこからともなく一台の「佐勘」と書かれたバンがやって来て、私の前に止まりドアを開けるのです。「日帰りなんですけど~」と遠慮がちに申請してみると、「はい、どうぞ」と応えるので、意表を突かれてしまい、言われるがままに車に乗り込んでしまいました。‥本当は、歩いて1分程なので辺りをキョロキョロ見渡しながら行きたかったのですが。
2003.11
 ホテルに着くと、今度は別の係員へバトンタッチ。そして係員の案内で中に入ると、やはり高級感漂うホテルで、広いロビー内にはラウンジと人工池があり、大きな錦鯉がゆうゆうと泳いでいるのです。その少し奥には、小上がり座敷があり、そこには佐勘名物の聖火(400年燃え続けているという)が囲炉裏の中にあるようでした。まあ、見ると消えているように見えるのですが、たぶんオキビは灰の中に眠っているのでしょう。

 館内には、おおむね3ケ所の浴場があり、そのうちの2ケ所のお風呂に(日帰りで)入ることができました。

 その一つ、飛天館地下3Fの露天風呂は、川沿いの崖の途中に造られていて、一旦外に出た所にあるのです。そちらにも脱衣所が付いているのですが、内湯で服を脱ぎ、バスタオルを巻いて行くと良いようですね。川沿いの露天風呂はとても気持ちが良く、眺めもよろしです。昔の人も、こんな所で川を眺めながら入浴したんだなぁ、と歴史に思いを馳せつつ暫く入浴致しました。

 お湯は、無色透明で匂いも無く、さっぱりとした、温まる食塩泉の温泉です。ひと通り試したところ、川沿い崖の露天風呂が、一番源泉に近いように思いますね。

 カランにてシャンプーを頭につけ、「あ、何のシャンプーなんだろう?」と確かめると、ボディーシャンプーとのハッキリとした表示が‥。頭用のシャンプーは、ちゃんとその隣に置いてあり、ガーン。慣れない高級ホテルに舞い上がってしまい、天然に火がついたようなのです。あ~、またやってしまった!。ふと我に返り、赤面しようと辺りを見渡すと、広い空間にある洗い場は一人ずつ仕切られ、隣を気にしなくて済むようになっていて、不完全燃焼で沈没‥。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 低張性中性高温泉 源泉:秋保温泉2号4号混合泉 64.5℃ pH7.4 ナトリウム 805, カルシウム 314, 塩素 1562, 硫酸 147 (少し塩素臭あり)
ホテル佐勘ホテル佐勘
以上:地下1F大浴場
ホテル佐勘ホテル佐勘
以上:飛天館地下3F
宿泊は、秋保温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2003-14