宮城の温泉、青根温泉エコーホテル

青根温泉エコーホテル Home» 閉鎖の温泉»
〒989-0908 宮城県柴田郡川崎町前川字沼ノ平山1-37 TEL.0224-87-2211
入浴 10:00~15:30 600円
入浴、宿泊 / 無休
男女別(内湯1、露天1、サウナ)
シャンプー、セッケンあり

標高約600m

※追記)2008/04 営業終了

 青根温泉の外れから、峩々温泉へ上る細道を少し行くと、小高い所にある大きなホテル「青根温泉エコーホテル」へやって来ました。青根温泉自体がもともと標高の高い所にあるので、更に上にあるこちらの露天風呂はきっと眺めが良いだろうと、ワクワク~‥。
 しかし、山の天気は急に崩れ、アラレが降ったりして虹もお目見え‥。虹を見るたびに思い出すのは「虹の根元には小判がザックザク!」ですね~。
2003.11
 受付を済ませて浴場へ。その脱衣所からは同階の内湯と、階下の露天風呂に行けるように‥。どちらも大きな湯船に(浴槽の大きさにしては)豊富ではありませんが熱いお湯が注がれ、それは気持ちの良いさっぱりしたお湯なのです。はい、アルカリ性のツルツルする、無色透明の匂いの無い温泉ですね。

 そうそう、露天風呂の表側半分が浅くなっており、え~なんでと‥。表側の縁でまどろみたいと誰もが進んではみるのですが、浅くなっているので居心地が悪く、すぐに戻って来てしまいます。実のところ寝湯なんでしょうが、そこは寝湯じゃなくて、外が見たい所‥。また屋根付きなので、奥は暗いですし~。

 上階へ戻り、サウナへ。そこには(どういうわけか曇っていない)広い窓が設けられ、外を眺められて、明るくてなんか良い感じなんです。久しぶりにサウナに入ってみましたが、ここのサウナはソフトな印象で、とても爽快なんですのよ。

 帰り、玄関の脇に表示してある’本日の利用客一覧’を見ると「日帰りミステリーツアー」の表示あり。。んー、いったいどこから来たんでしょうね。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:大湯・新湯・蔵王の湯・不忘の湯・山の湯・花房の湯・新名号の湯 混合泉 53.6℃ pH7.5 ナトリウム173 , 硫酸イオン206 , 炭酸水素イオン226

宿泊は、青根温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2003-15