東北な温泉
青荷温泉、突進レポ

青荷温泉

(黒石市)
青荷温泉 - 施設の外観青荷温泉 - 健六の湯の外観
青荷温泉 - 施設の庭からの眺め青荷温泉 - 広間
〒036-0402 青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1の7 TEL.0172-54-8588

入浴 500円
入浴、休憩、食事、宿泊
男女別(内湯2)
混浴(内湯1、露天1)時間制交代
シャンプーなし、セッケンあり、カランなし

 十和田湖の北西、虹の湖沿いの国道102号線からクネクネした山道を上り、ひと山越えた先にある秘湯、ランプの宿「青荷温泉」にやって来ました。道の途中には、色々と方言で書かれた立て札があり、道行く人々を楽しませてくれています。終点付近に来ると「シグ右(すぐ右)」の立て札があり、ほどなく到着。勿論、帰り道の最後の立て札には「ヒバナー(またね~)」の一言も‥。あ()内の訳は付いておりませんので!

 来てみるとかなりの秘境ですが、新しい建物があったり、庭が整備されていたりで、もはや観光地と化しているようなんですわね。
2003.09
 受付を済ませると、浴場は4箇所あるということで‥、どこに入るか迷いましたが、とりあえず内湯を覗いた後、外の混浴露天風呂へと向かいました。そうそう、内湯の写真を撮っているとオジサンがやってきて、なにやら話しかけてくるのです。超へなちょこコンピューターで解析してみると、どうも「新聞記者か?」と問いかけているような‥。「いいえ、ただの一般ズン(人)ですぅ。えへへへ~」と‥。

 川向こうにある混浴露天風呂は湯量も豊富で、案外お見事、まるで川に浸かっている様相なのです。お湯は、沢水が熱くなったような単純泉ですが、何といっても野趣あふれる雰囲気が最高なんですわな。無色透明で匂いの無い、さっぱりしたお湯でありました。

 湯上りに岩場で体を拭いていると、観光客のオバチャマといった感じの人が、なにげに露天風呂の方に入って来るではありませんか。え~! 突然の出来事に、素っ裸の私は呆気にとられてしまい、隠すところも隠せない、固まった状態に‥。するとオバチャマも固まったふうで、私の隠したい所へは視線をやらなかったので、事なきを‥。

 あとは、新館内湯の総ヒバ造りの内湯は木の香りがすごくて、とても気持ち良かったそうです(マネージャー談)。

 湯上り後に誰もいない広間でゆっくりお茶を飲むと、ゴロッと横になり、そのまま眠ってしまいそうになりました。‥そんな静かで良いところなんでございますのよ。

泉質:単純泉 低張性中性高温泉 源泉:青荷1号泉 41.7℃ pH- 源泉:青荷2号泉 48.2℃ pH-
青荷温泉 - 本館内湯青荷温泉 - 混浴露天風呂1
青荷温泉 - 混浴露天風呂2青荷温泉 - 健六の湯の内湯
本館内湯、混浴露天、健六の湯の内湯の順
宿泊は黒石市ホテル一覧
©東北な温泉 2003-14
投稿へ

青荷温泉(黒石市)


  • Currently 2/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 2/5 (1 votes cast)

コメント

雰囲気も抜群…青森・青荷温泉“ランプの宿”の小さな桶風呂

https://www.nikkan-gendai.com/articles/image/life/227251/92517

(投稿者 匿名 さん / 2018年04月19日)

青荷温泉(黒石)に巨大ねぶた絵お目見え

 黒石市にアトリエを構えるクレヨン画家・孫内あつしさん(74)=青森市出身、東京都在住=の、青森ねぶた祭の様子を描いた巨大な作品「青森佞武多」が26日、黒石市の青荷温泉玄関ホールに飾られた。本物の大型ねぶたを下から見上げているような迫力ある作品で、孫内さんは「ねぶた祭の熱気を感じてもらえれば」と話している。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2015/20150831004969.asp

(投稿者 匿名 さん / 2015年09月01日)

青荷温泉内湯の改修終了

 南八甲田連峰西側の麓にあり、ランプの宿として知られる黒石市の青荷温泉で、老朽化に伴い進めてきた本館内湯の改修工事が終了し1日、関係者に披露された。2日から一般向けに利用される。

(投稿者 匿名 さん / 2014年09月02日)

黒石ねぷた祭り開幕

降雨のため開幕が1日遅れていた黒石ねぷた祭り(黒石青年会議所主催)が31日、開幕した。黒石市や平川市、田舎館村から68台のねぷたが参加。藩制時代の風情を残す古い街並みに、「ヤーレヤーレヤー」の掛け声と、笛や太鼓の囃子(はやし)を響かせた。

(投稿者 ニュースウォッチャー さん / 2010年07月31日)

十和田湖から黒石に向かう途中で寄ってみました。
各お風呂に入ってみましたが,新館の内風呂が一番良かったです。
ヒバの香りと優しい肌触り,大きな窓から見える外の景色も自然に溢れ,明るく開放感のあるいいお風呂でした。
もちろん湯加減もグーでした。
混浴露天風呂はもう少し野趣が欲しいと思いました。
それから,道路脇の看板に気を取られすぎると非常に危険です。
全部読みながら行きたいのですが,山道なので運転に集中することをお勧めします。

(投稿者 bB さん / 2009年08月26日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。