東北な温泉

台ヶ森温泉


山野川旅館(台ケ森温泉)

Home > 宮城の温泉 >
施設への分岐点施設の外観 〒981-3600 宮城県黒川郡大和町吉田字台ケ森13 TEL.022-342-2057
入浴 500円
入浴、休憩(1300円)、宿泊
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり

 仙台市の北隣り、大和町七ツ森の奥の方にひっそりとある、台ケ森温泉にやって来ました。目印も何もない山道、鼻を利かせながらアチコチを曲がり、やっとのことでたどり着きましてね~(当時はgoogle mapなども無かったし)。するとそこは(最初の想像が悪すぎたのか)思った以上にキレイな建物で、お客さんも予想外におり、いつものように勝手に驚いてしまいまして‥。
2002.06
 受付を済ませ、館内の奥にある浴室へ向かうと、途中に開けっ広げの広間があり、そこでは大勢のお婆ちゃん達が、昼寝をしたり、小言を言い合ったり、人生を謳歌しているようなのでありました。

 して、その先、すぐに浴場があり、その青色の暖簾をくぐり突進。するとその浴室には4人くらい入るといっぱいになりそうな浴槽が1つあり、なんとそこには白濁したお湯が満々と(よりちょっと少なめに)張られてあるんですぞよ。んで、窓の外には竹林があり、そこからサヤサヤと風の音が聞こえ、なんともよい風情。

 ははーと思いながら(意味わからん)脱衣し、お湯に浸かってみると、それはちょうど良い温度で、白濁しているので硫黄臭がするかと思えば、そんなでもなく、温泉の匂いが少しだけするお湯なのであります。で、しばらく浸かり「この源泉をかけ流しにしたら最高だろうなー」などと物思いにふけっていると、だんだんぬるくなり、寒くて上がれなくなりましてね~。でもしかし、案外次々にお客さんが来るもので、仕方なく上がることにしました。

 しばらくすると、後から来たお客さんが勝手に蛇口をひねって、ドバドバとお湯を投入しておりましてね~。その様子を脱衣所から(恨めしそうに)覗き見する自分‥。湯巡りを始めた頃は、どこまでやってよいものか、勝手が分からなくて‥。

泉質:含硫黄・ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 等張性弱アルカリ性冷鉱泉 源泉:台ヶ森温泉 19.0℃ pH8.2(ナトリウム 1642, カルシウム 1260, ‥)
男女別浴場の入り口前内湯
宿泊は大崎市ホテル一覧
©東北な温泉 2002-17rw