東北な温泉

藤島旅館


藤島旅館

(川渡温泉)
Home > 鳴子温泉 >
施設の外観ロビー 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉川渡84 TEL.0229-84-7412
入浴 300円
入浴、宿泊
男(内湯1)、女(内湯2)、宿泊者専用浴場
シャンプー・セッケンなし

 川渡温泉の静かなメイン通りの突き当たり、この温泉街の主のように大きくて、また時代がかる、藤島旅館にやって参りました。

 と、近くにある公衆浴場の方はお客さんが少なかったのですが、こちらは同じ値段なのに施設もお風呂も広く、また営業時間も長くて、たくさんの人が訪れているようでした。ただ、こんなに大勢の日帰り客が来ると、宿泊客に悪いような気がして‥。あ、でも宿泊者専用のお風呂もありますから‥。
2002.10
 玄関を入るとそこは、ひなびた上にお祭り的雰囲気が漂う、土間&受付&ワンダーランド・フロア‥。それらにちょっと固まりつつも、なんとか平静を装い、受付を済ませて浴場へ。して、長い廊下を奥へと向かいますれば、所々に休憩所があり、湯上り後に休んでいるお客さんがチラホラ‥。

 で、脱衣所に入ってみたら、そこは細長い空間で、壁面に脱衣棚がずらーっと並び、その反対側は大きな素通しガラス窓を挟んで、浴室がはっきりと見えまするよ。ふむ、お風呂からも脱衣所からも丸見えの安心システム。んで、浴室にはその空間いっぱいの広々な浴槽があり、たくさんのお客さんが入浴中でございまするな~。

 さてと、そこへ自分も仲間入り。して、その掛け流しの熱いお湯は、深緑色に濁ったもので少し硫黄臭があり、肌をこするとツルツルする、気持ちの良い温泉でございます。あと、黒くて珍しいくらい大きな湯ノ花がたくさん舞っているのも特筆すべき点ですね~。

 と、お湯に浸かってしばらくボーッとしていたら、後ろの方で突然バシャバシャッという轟音が‥。見るとオジサンが四つんばいになっていて、その2m程上から大量のお湯がオジサンの背中に、襲いかかるようにドドドドーっと。いやどう見ても、拷問にしか見えないのですけど~。が、どうやらそれは打たせ湯のようで、自分はポカンと口を開けて見ていたんですけど、あたりの人は平然と‥。自分もやってみたいけど、恥ずかしすぎるぞな~。おしょすい。

 湯上り後、廊下の小休憩所にて休んでいたら、お風呂から上がったと思われるお爺さんがやって来まして‥。それが気さくなお爺ちゃんでしてね~。一緒に温泉話に花を咲かせまして(どちらかというと強引に引き込まれまして)‥。

泉質:含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 低張性中性高温泉 源泉:真癒の湯高温、真癒の湯冷泉A、真癒の冷泉B 混合泉 47.6℃ pH7.5 ナトリウム 196, 硫化水素 3.8, 硫酸 150, 炭酸水素 461, メタケイ酸 156, 遊離硫化水素 1.5(分析:平成21年)
施設の廊下脱衣所
内湯
宿泊は川渡温泉ホテル一覧
©東北な温泉 2002-18rw