権現森温泉

権現森温泉(仙台市) Home» 廃止の温泉»
〒989-3212 仙台市青葉区芋沢字権現森山9 TEL.022-279-8370
入浴 随時(たぶん)500円
入浴、宿泊
無休
男女共用順番(内湯1)
シャンプーなし、固形セッケンあり

※2014.05 リニューアルしたと思ったら「権現森の宿」という名前に‥。また、名称から温泉が消え、男女別浴室に。もう日帰り温泉はやっていないかも。

 仙台の北西のだいたい山の中「えっ、こんな所に温泉が‥」と思える程、住宅街近くの意外な場所にある「権現森温泉」にやって来ました。と、その林の中に静かにたたずむ姿は、どこの秘湯にも負けず劣らない、ひなび感を持つ宿なのです。左写真は入り口から見える湯小屋風の建物。そこの煙突から青白い煙が昇っていたので「よ~し、今日は入れるぞ」と突進致した訳であります。
2003.01
 さて、湯小屋の奥にある母屋で声をかけてみると、予想外にすんなり女将さんが出て参りまして‥。なかなか出て来なくて、何度も叫ぶ羽目になる事を覚悟していたんですけどね~。

 で、女将さんの案内に従って母屋から長い廊下を歩いて、前述の湯小屋へ向かいます。途中、女将さんが「うちは、鉄分のお風呂だから‥」と、さり気なく”かけ湯”(馴らし)を入れてきます。浴場に着くと浴室を開けて「熱かったら水でうめていいよ、こっちの洗い場はお湯が出るから」と。ふーん、浴場は新しく建てたものらしく、意外とキレイで驚き~。木材で構成された脱衣所も良いたたずまいですね。

 上写真の右下に白い四角いものが写っていますが、それは誰かが「サロンパス」を干しているようなのです(そういえば、浴室前に和室があり、そこでお婆ちゃん達がコタツ会議をしていたなー)。して、浴室をのぞくと、そこには想像していたよりも大きな浴槽があって、ちょっとビックリ。また、ちゃんとしたカランも2つあり、シャワーも付いておりまする。

 いざ、何枚もある木の蓋を取り除いてみたら、出て参りましたは砂色に濁ったお湯と、鉄分の凝固物らしい浮遊物。意を決して足を突っ込んでみれば、熱~い、熱くて入れませ~ん。カランから冷たい水(源泉?)をドドドドーッと投入し、なんとか入湯、やっと。そしてまあ、ちょっとオーバーフローさせたふうになって、上澄みが流れ去り、いい具合に。でも少し経つと、また熱いお湯が襲って来るもので、手で払いながら入らねばなりませんけど。んー、なんだかとても楽しくて、いそがしい温泉なのでございましたのよ。

 えーと、お湯は少しツルツルする肌触りで、匂いはとても表現できない程のもの。それでも最初に想像したよりも、気持ち良く浸かることができました。あ、やっぱり帰る前にシャワーを浴びておこうかなー。入浴後、蓋をするのを忘れずに‥。

泉質:湧水他(2004年宮城県の調査による)




帰り)

 庭に源泉とおぼしきものが、ディスプレイされているのを発見。水がチョロチョロ流れていて、茶色の沈殿物が付着しておりますね。

 あと木小屋には薪が山と積んであり、この薪で焚いているんだな~と。薪で焚く匂いは感じませんでしたが、あの独特な匂い、なかなか良いものですよね~。自分のこの記憶は昔の薪ストーブの匂いですかな~。
宿泊は、仙台郊外のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2003-17rw