山形の温泉、カルデラ温泉館


カルデラ温泉館(肘折・黄金温泉) Home» 山形の温泉・県北»
カルデラ温泉館カルデラ温泉館
カルデラ温泉館カルデラ温泉館
〒996-0301 山形県最上郡大蔵村大字南山2127-79 TEL.0233-76-2622

入浴 450円 9:00~19:00(季節により変動)
入浴、休憩(別途420円)、食事
第1,3火曜日休み
男女別(内湯1)、露天1:男女で時間交代
シャンプー、セッケンあり

 肘折温泉街から川を渡り、向かいの小川沿いを少し上った所にある日帰り温泉、「カルデラ温泉館」にやって来ました。おや、なんだかシャレたようなヘンテコな木造の建築物。‥結構お客さんが来ていて賑わっていますな~。ここは珍しい二酸化炭素泉があることで、(ツウの間では)有名なんですのよ。
2003.09
 受付を済ませ、長い廊下を突進して行きますと、浴場入口にお目当ての二酸化炭素泉の飲泉所がありました。備え付けのヒシャクで汲んで飲んでみると‥、うにゃ、思いっきりニガイような、苦しいような、そんなフレーバーなもので思わず誰もが顔をしかめてしまうのです。こんなに珍しい魔法の水なんですが、なんだか嫌われてしまっているのが残念ですね。もう少しエグミが少なければ、大々的に世界へ売り出してもよいのですが‥、んー。

 さて、露天風呂は離れのようになっているので、スリッパで外に出て少し歩きます。石の塀で囲まれたトーチカ(防御陣地)風の浴場に入り、服を脱いでお湯に浸かってみると、少しぬるく、「やっぱり、や~めた~」と、内湯浴場に駆け込みました。

 内湯浴場の隅には二酸化炭素泉の部分浴があり、手を浸けてみると、泡が少し付き始めたころには手が冷たくなって、とてもジッとしていられないのです。すぐ手を引っ込め、内湯の湯船にドボンと。ちなみに、冷たい二酸化炭素泉の泡の様子は、炭酸水素のものよりも少し大きいように思えたんですけど、実際はどうなんでしょう?。

 お湯はスベスベする肌触りで、濃い緑色に濁り、こちらも露天風呂ほどではないですが、ちょっとぬるい感じが致しました。‥もしかして、今は夏仕様なのか。

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉 源泉:組合5号源泉 59.0℃ pH7.0 ナトリウム 469, 塩素 449, 硫酸 118, 炭酸水素 887, メタケイ酸 163, 遊離二酸化炭素 1541

 入浴後、軽食コーナーで玉コンニャクを食べたのですが、これが味が染み込んでいて旨いんです。そしてまたカラシを付けると、もっとおいしく‥。玉コンニャク100円:凄く旨い、あんこもち500円:普通、ラーメン550円:普通 ‥あしからず
カルデラ温泉館カルデラ温泉館
カルデラ温泉館カルデラ温泉館

宿泊は、肘折温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2003-16