宮城の温泉、一条旅館


一条旅館 (鎌先温泉) Home» 宮城の温泉»
〒989-0231 宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-48 TEL.0224-26-2151
入浴 10:00~15:00 800円
入浴、休憩、宿泊、湯治
無休
男女別(内湯2、露天風呂1)、家族風呂(有料)
シャンプー、セッケンあり


※2011.06 日帰り入浴が不可に‥

 蔵王連峰のふもとに小さな温泉街を形成する鎌先温泉。その中の一番奥、小高い所に構える「一条旅館」にやって参りました。坂道を上って行くと、左側に名物の木造4階建ての湯治棟が建っており、右側の比較的新しい本館と、渡り廊下で繋がっております。左右どちらが入り口なのか悩んだ末、右側の本館に飛び込んでみると、そこには(まるで見ていたかのように)女将さんが待ち構えておりました。
 ここで湯治をしたことがある知人の話では、湯治棟の部屋には火鉢が用意され、それが何とも風情があると。心配せずとも、火鉢だけでは寒いと感じる人にはオイルヒーターもありだそうです。
 駐車場は温泉街の真ん中にある共同駐車場とは別に、一条旅館専用のものが温泉街の入り口、幹線道路沿いにドデーンとあったんですよね。
2002.11
 料金を払うと、女将さんが懇切丁寧に、旅館の中とお風呂の場所を案内してくれました。中は入り組んでいて、訳が分からなくなる程なので、面倒くさがらずにちゃんと聞いておきましょう。(‥後で迷子になった自分への戒め)。

 途中、無料の休憩所(テーブルと椅子あり)があったので、そこでしばし休み、美味しい水を飲み、窓から温泉街を見渡すと、そこには風情のある湯治場の景色が広がっていました。この古い家並みは、なんとも言えない味わいを醸し出していますね。



一条旅館
新浴場(内湯、露天)、旧浴場の順
 お風呂は、新浴場と旧浴場の2箇所に分かれていて、どちらも本館にあり、新浴場の方には露天風呂と内湯があるので、まずはそちらに向かってみます。

 奥の奥にある浴場は、比較的大きな内湯と、外にある岩囲みの露天風呂とで構成されていました。浸かってみますと、お湯は無色透明で匂いはなく、肌をこするとツルツルする感触で、少しぬるめの気持ちの良いお湯です。そうですね、いつまでも入り続けたい、ソフトなお湯に感じました。‥今は紅葉の季節、外に見えるモミジが鮮やかで、とてもキレイでございますね。

 もう1つの旧浴場にも行ってはみたんですが、混浴と勘違いして入らず‥。男女を分ける中間のドアが開いていたか?。

泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 低張性中性低温泉
源泉名:鎌先の湯 31℃ pH6.9
宿泊は、鎌先温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2002-14