東北な温泉
いちのせき健康の森、突進レポ

いちのせき健康の森

(一関)
いちのせき健康の森 - 施設の外観いちのせき健康の森 - 駐車場からの景色 〒021-0101 岩手県一関市厳美町字祭畤251番地 TEL.0191-39-2020

入浴 300円
入浴、食事、宿泊、スキー、テニス、野球、キャンプ‥
男女別(内湯1)
シャンプーなし、セッケンあり

 一関市の西部、厳美町の奥にある複合施設「いちのせき健康の森」内、セミナーハウスの温泉にやって来ました。で、スキー場や野球グランドのある敷地はかなり広く、またそれに付随するセミナーハウスも大きな建物で、館内はとても広々としていましてね~。

 今は秋、辺りに見えるちょっと茶色ぎみの紅葉も、マンザラでもありませんことよ~。
2003.10
 2Fフロントで受付を済ませ突進致しますと、同階の廊下の奥にある普通の一室が、小さな浴場になっておりました。

 して浴室に入ると、なんだか大勢のお客さんが入浴しているところ。で、大変混み合っていましたが、なんだか急にゾロゾロッと出て行ってしまって、こちらはホッとひと安心。そのお見事な団体行動、ご苦労さんでございます‥。

 さて、お風呂は湯船の縁より水面が低く、団体さんのせいでお湯が少なくなったのかと思えばそうではなく、ただ循環加熱方式でお湯が溢れていないだけのよう。しかも、チョロチョロと注がれているのは何故か水。して、団体さんの嵐の入浴後、水面には汚れが漂っており、かきわけながらの入浴に‥。んー、やられた~。泉質なんて、どうでもよろす~。

 入浴後、脱衣所で着衣していると、小さな女の子達がこちらを覗いているではありませぬか。で、「こら~!」と叱っても、少し経つと、また覗きに来るのです。そんなにワシの裸が見たいのかね~と思いながら、帰りにスリッパを履こうとしたら、あれっ、スリッパがございませぬ~。どうやらスリッパが欲しかったようなんですね~。その、自分もスリッパを履きたい気持ち、わからんでもないかな~。

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:祭畤温泉(祭りの湯) 52.0℃ pH8.5 ナトリウム 508, カルシウム 282, 硫酸 1724, ラドン 16.05Ci(分析:平成8年、硫酸イオンの量が凄い! → 平成19年の分析では変った模様 37.1℃へ)
いちのせき健康の森 - 館内いちのせき健康の森 - 内湯
宿泊は一関ホテル一覧
©東北な温泉 2003-18rw
投稿へ

いちのせき健康の森(一関)


  • Currently 1/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 1/5 (1 votes cast)

コメント

奥州湖ー一関・祭畤 市道開通

 胆沢区若柳のつぶ沼と一関市の祭畤大橋を結ぶ奥州市道谷子沢南前川山線・一関市道鬼頭明通線(総延長15・9キロ)が26日開通した。整備事業開始から22年の歳月を経て岩手、宮城、秋田3県にまたがる栗駒国定公園の周遊ルートを形成。奥州と一関の両市をはじめ、秋田県東成瀬村との広域的な交流・観光の促進も期待されている。

http://www.tankonews.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=3961

(投稿者 匿名 さん / 2015年09月29日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。