鳴子温泉、板垣旅館


板垣旅館(川渡温泉) Home» 鳴子温泉»
板垣旅館板垣旅館 〒989-6711 宮城県大崎市鳴子温泉川渡64 TEL.0229-84-7225
入浴 10:00~20:00 400円
入浴、宿泊、湯治
無休
男女別(内湯1)貸切1
シャンプー、セッケンあり

※2010.01 料金変更250円→400円

 川渡温泉の片隅にひっそりと建つ、「板垣旅館」にやって来ました。中に入り入浴をお願いすると「髪は洗いますか?」と(大)女将さんが尋ね、「洗わないですぅ」の答えに、「250円です」と。湯めぐり手形の案内には400円と書いてあったので、ちょっと嬉しくなってしまいました。それにしても安~い!。
 今日の鳴子はとても寒く、つららがおもいっきり垂れ下がっていて‥。あ~ぁ~、雪も降ってきましたぞ。
2002.12
 奥の廊下の先、別館にある浴場へ。別館のエントランスには応接セットが置かれ、その片隅にあるノレンをくぐり入場。

 脱衣所に入るともう、プーンと硫黄の匂いがしてきて、たまらず浴室を覗くと、キレイなエメラルドグリーンのお湯が、小さめの湯船に’なみなみ’とたたえられているのです。脱衣後、突進。(写真は湯煙りでガスって)。

 うほー、なかなか強烈な景色。湯船の中には一見ゴミのようなものが沢山浮かんでおり、よく見ると、それは黒い湯ノ花と、白い湯ノ花の混合物。(まだ経験は少ないですが)こんな温泉は初めてです。浸かってみたらとても滑らかな肌触りで、「あ~、いい湯だ」のセリフが、心の中について出てきた次第。

 窓の外には雪景色、私一人だけの温泉。これで250円は凄い、凄すぎる。鳴子・川渡温泉はあなどれましぇーん!。

泉質:含硫黄・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
低張性アルカリ性高温泉 源泉:神の湯 47.5℃ pH8.1 ナトリウム 189, 硫化水素 5.8, 硫酸 173, 炭酸水素 457, メタケイ酸 150 (分析:平成7年)
板垣旅館板垣旅館
宿泊は、川渡温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2002-14