宮城の温泉、最上屋旅館


最上屋旅館 (鎌先温泉) Home» 宮城の温泉・県南»
最上屋旅館最上屋旅館 〒989-0231 宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-35 TEL.0224-26-2131
入浴 10:00~15:00(たぶん) 500円
入浴、宿泊、湯治
無休
男女別(内湯1)
シャンプー、セッケンあり

 鎌先温泉の中でも1・2を争うレトロな旅館、古き日本を体験するにはもってこいの宿、「最上屋旅館」にやって来ました。外観も館内もレトロで、すこぶる静か、昔のまんまという雰囲気なのです。うぉー、なかなかの別世界ですな~。
 ‥鎌先温泉は狭い地域にキチキチと旅館が立ち並び、まるで映画のセットのように見えてくるんですよね。また、ここ最上屋旅館は温泉街の一番下辺りにあり、「最下にあるのに最上屋!」というオヤジギャクの餌食になること請け合いでして。
2003.12
 旅館の建物は3棟あり、それぞれが2階の渡り廊下で繋がっている構造にて‥。1F受付で料金を払って、一旦2Fに上がり、渡り廊下の先の別棟1Fに降りると浴場がありました。どうやら、外の小道の上を越える形で渡り廊下が造られているようです。

 おや、浴場前にある洗面所付き廊下の様子からすると、こちらは湯治棟なんでしょうか。湯治に来ていると思われるお客さんも、チラホラと見かけました。

 さて、お風呂へ。そこには湯煙で煙った浴室に中くらいの大きさの湯船があり、茶色く濁ったお湯が静かに掛け流されています。「おー、なかなかいい感じ」と思いながら浸かってみますと、見た目通りの鉄の匂いがし、肌をこするとキシキシし、軽くこすると肌に膜がはったようにツルンとするお湯なのです。実際は中性の肌触りで、こすると炭酸水素の気泡のせいでスベルのでしょう。

 はい、気持ちの良いお湯で、さすが名湯とうたわれた鎌先温泉ですね~。鎌先では一番好きな温泉です。

泉質:ナトリウム-塩化物泉・硫酸塩泉 低張性中性温泉 源泉:三宝風呂 36.8℃ pH7.0 ナトリウム 658, 塩素 639, 硫酸 568, 炭酸水素 313
最上屋旅館最上屋旅館
最上屋旅館
宿泊は、鎌先温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2003-14