宮城の温泉、金山温泉


金山温泉・支倉旅館(川崎町) Home» 閉鎖の温泉»
〒989-1505 宮城県柴田郡川崎町小野字金山 TEL.0224-84-2509
入浴 600円(1H) 9:30~19:00
入浴、休憩(別途)
無休
男女別(内湯1)
シャンプーなし、セッケンあり


※2011.05 大震災後、お湯が出なくなり閉鎖へ

 釜房ダムの北側にある秘湯の宿「金山温泉・支倉旅館(はせくらりょかん)」に、今日はやって来ました。ダム北側の小道を奥へ進むと、途中に案内看板があり、それに従い脇道の細い砂利道をしばらく行けば、一軒宿の支倉旅館に突き当たり。見れば何だか静かすぎて、営業しているのか心配になるほどのたたずまいですが、先客か宿泊客の車があるので営業中なんだとね。
 で、駐車場ではワンちゃんが(吠えません、黙って)出迎えてくれ、私の方を見て物欲しげに‥。が、カメラを向けると分かったふうに雄雄しいポーズをとってくれましてね~。
 あ、そうそう、帰りにダム下流の山中を走っていたら、なんと、カモシカの道を横切って行く姿が‥。カモシカは驚くでもなく、悠々と去って行きましたのよ。
2002.07
 受付を済ませ、時代がかった館内を浴場へ。して、服を脱ぎ浴室の戸を開けてみたら、先客のオジサンが2人、入浴中。そのガランとした空間には浴槽が2つあり、手前の小さい1つは源泉を加熱した温かいお湯で、もう1つは少し大きめでちょっとぬるく、源泉そのままのようなのです。

 で、浴室に入って立ち止まり、その趣きのある湯船を「ほほう」と眺めていたら、かっぷくの良い方のオジサンが「こっちが熱くて、そっちがぬるいよ」と教えてくださり、どうも熱い方を勧めてくるのです。私は事前にそれらを知ってはいましたが「あ、そうなんですか」とうなずき、何を血迷ったのか(オジサンに反する)ぬるい方に浸かってしまったのです。

 いやもう、頭の中で既に決まっていたものだから、考える間もなくその”ぬるい方”に浸かってしまったようなんですな~。いや、ちょっと失敗、気まずいですな、こりゃ。時は何となく流れ、しばらくしてオジサンは女湯の方に声をかけ、出て行かれましてね~。‥浴室の上部は女湯との仕切りが無く、素通しなので。

 さてと、お湯は無色透明で少し温泉の香りがあり、ザザザーと湯量豊富に注がれ、掛け流がされています。そのお湯の中に身を置くと、すぐに体中の体毛と肌に気泡が付き、次第に体毛が白髪のように見えてくるのです。して、肌をこするとツルツルとし、それは手と肌の間に気泡が入り摩擦をなくしている模様。うわー、これはいい、こりゃすごい。これが有名な金山温泉か~、と感激致しましたのよ。

 また、お湯はぬるい温度なのに長く浸かっても、寒くは感じず。でも、それはそれ、なかなか上がれなくなりまして、「外来入浴は1時間まで」の決まりが妙なプレッシャーとなりますぞよ。

 あと、洗い場には水道の蛇口が一個あるだけで、温水の蛇口はありません。お湯は浴槽から汲んで使う方式のようですね。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性温泉 源泉:亀の湯 35.2℃ pH8.0 ナトリウム 591, カルシウム 248, 塩素 1126, 硫酸 425, メタホウ酸 107

宿泊は、川崎町のホテル旅館一覧

©東北な温泉 2002-17rw