宮城の温泉、旅館かつらや

旅館かつらや (小原温泉) Home» 宮城の温泉»
〒989-0233 宮城県白石市小原字湯元23 TEL.0224-29-2121
入浴 8:00~19:00 700円
入浴、宿泊、日帰りプラン
無休
男女別(内湯2、露天1)
シャンプー、セッケンあり

 白石市街から西へ数キロ、R113沿いの小さな小原温泉にある2大旅館の一つ、「旅館かつらや」にやって来ました。ん?、駐車場についてビックリ、たくさんの車がとまっているではあーりませんか。しかも、お客さんが次々と旅館の中へ。(思ったよりも、ですけどね‥)。
 中に入ると、広いロビーのフロントでは、やはりお客さんが並んだりして、混み混みになっていました。今日は何かあるんでしょうか、それともたまたま?。
2003.01
 受付を済ませ、1階奥の浴場へ。そこには窓側に大きな内湯があり、その外には露天風呂が見えまする。浴室の床は木目調の石造りになっていて、お湯で削られてザラザラ状態になり、それが不思議なくらいに良い具合いに古び、滑り止めと同時に雰囲気づくりにも一役買っているんですよね。

 ここはなんと言っても露天風呂からの眺めが最高で、眼下に流れる白石川と対岸の山の様子がとても良いのです。紅葉の時期は、さぞかし美しいことでしょうね。

 お湯は無色透明で匂いもなく、ちょっとスベスベ感のある肌触りで、もちろん掛け流しになっておりました。(正確な分析表を持ち合わせていなくて残念ですが)小原温泉はアルカリ性のお湯の性質以上に、湯上り後に肌がスベスベになるんですよね。家に帰ってカーペットの上を歩くと、なんか感触が違うのです。

 展望風呂は最上階の7階にあるので、エレベーターにて上へ。ここには一休みする場所が少しあり、そこからの眺めが最高なのです。ここのベンチで遠くを眺めていると、昼寝をしたくなってしまいましたが、背後から聞こえる’マダム達の世間話と子供たちの雄たけび’が子守唄では、とても眠ることが出来ませんのよ。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:見晴らしの湯 62.3℃ pH8.0


宿泊は、小原温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2003-14